夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟


夫に対して、申し訳ないという気持ちが、私を変えた。


せめて、晩のおかずだけでも、作りたい。


毎日は無理でも、できそうな時には、やってみたい。


そう感じた瞬間、私は、前を向くことができた。


今まで、私の生活の中から、母を排除することばかり考えていた。


母さえ、いなくなってくれれば、私の病気もよくなり、


夫の負担も減り、平和な生活が送れると・・・


そう、信じていた。


しかし、それは、間違っていたと気付いた。


母を、私の目の届かない所へ、追いやって、


2度と、この家に、足を踏み入れないようにしたら、


却って、心配が増すに違いない。


今、自宅から、すぐ近くの施設にいて、


何事かあったら、すぐに、駆け付けて行ける。


そして、その様子を、この目で、確かめられる。


特養を探すと言った時、夫は、即答を避けた。


「まぁ~、心療科の先生に、相談してみたらええが・・・」と・・・


それは、紛れもなく、今のままでもいいんじゃないかという、


暗黙の答えだったのだろう。


母には、この先、幸せを感じて、生きていって欲しい。


その為になら、できるだけの事をしたい。


もう、特養を探すのは、やめよう。


夫と息子と私と、3人でなら、きっと、このまま続けていける。


母の為ではなく、私自身の為に、そうしたい。


やっと、一番大切な事に気が付いた。


ありがとう、お母さん。


私に、答えを出させてくれて・・・




 ~The End~


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



私史心象 更新致しましたぁ~ → 「薄ら日」





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。


スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■それで

貴女の気持が整理され病気の回復にも繋がるのであればそれがベストな解答でしょう。

ただ、私は、介護を社会で、という方向で始まった介護保険制度そのものの趣旨には賛成ですし、多くの家族が介護のために共倒れしている現実から出発した社会的合意だと思います。日本でも漸く問題を社会的に解決しようとする機運が高まった評価出来ると思います。

欧州では、もう、ずっと以前から、当然のこととして、行われている施策です。

保育についても同様で、家庭に入った若い女性が、子育てに疲れてしまって子供を虐待している現状は、保育園や幼稚園という社会的組織に入所させ、母親を子育てから解放させることで解決出来る問題で、他方子供たちは、子供たち同士の世界で生き抜く術を身につけられるわけで、一石二鳥なわけです。

2 ■もちろんです

私は、恵まれているから、できるけど、
普通は、無理でしょう。
もっと、福祉に力を入れて欲しいですね。

3 ■福祉と保障

福祉は、英語で、welfare で、保障は、secueity です。前者はボランティア的側面が残りますが、後者は、国家の義務です。

憲法は、25条で生存権を国家に義務づけていますから、介護難民とかネットカフェ難民とかを放置する政府自体を放置しておく国民が悪いのです。誰かが、強力なリーダーシップを持ったリーダーがやってくれないと、などと、考えていては駄目です。欧州では、国民は、自らの要求を実現する政党や議員を支持し、権利を実現させています。

アメリカの独立宣言にあるように、政府は国民のために奉仕する国民のための機関なんです。だから、それをやらない麻生とか小沢とかは引きずり下ろすのが国民の義務なんです。

1m1億円の道路を東京の地下40mに作ろうとしているんですよ。必要もないのに。建設族OBとゼネコン幹部と御用学者とが結託してね。

4 ■無題

おっかちゃんが一番大切な事を気付いたんだね。
おっかちゃん無理のないようにね(o^-^o)

おっかちゃん、前にもコメントしたけどお母様は、おっかちゃんを憎んだりしてないよ(;_;)
ただ病気がそうさせてしまっているの。
病気で心までむしばられてるお母様も可哀想なのょ…

心が折れてしまいそうになっても、これだけは信じてほしい…

5 ■のんちゃ~~~~ん

ありがと;;;
ほんとに、ありがとう~~~
信じて、頑張って、やってみるね~(^∇^)

6 ■そうなの!

私も母の介護がつらくって逃げようとばかりしていました。でも、逃げてばかりいても何も始まらないんだって気づきました。これからもお互いに前向きにいきましょうね!

7 ■さらさんへ

うんうん;;;

赤ちゃんの時、おむつ、替えてもらった、
お返しと思えば、当たり前かも・・・
いっしょに、前へ進もうね~ヽ(゚◇゚ )ノ

8 ■そうだよね!

母はこれから赤ん坊にかえりつつあるんだって
私にも思えるようになれたよ!

9 ■よかった!!!

私も、そう思えるようになれて、
すごーく、楽になっちゃった~~~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/929-4e95f074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。