夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れる思い


5月6日、朝、7:30、電話が鳴る。


瞬間、ビクッと反射してしまう。


よもや・・・と、思いきや、やはり、施設からだった。


「昨夜から、頻繁に下痢されてて、食事も、水分も、摂られないので、


病院へ連れて行ってくださった方が、いいんじゃないかと・・・」


あぁ~~、やっぱり;;;


すぐに、夫を起こし、身支度をして、2人で駆け付けた。


母は、ぐったりと、横たわり、時々咳き込んでいる。


顔色も悪く、 眉間に深くしわを刻み、息使いも荒い。


話し掛けても、力なく、小声で何か囁くのみ。


私は、一瞬にして、体中の血が、凍り付いてしまった。


お母さんっ!


死なないでっ!


スタッフの方と相談して、掛かり付けの開業医に連絡してもらった。


祝日にもかかわらず、診に来てくださるという。


「点滴をしてくださるそうで、2時間くらいかかるらしいんですが、


その間、付いていていただけますでしょうか?」


「はいっ」


夫には、家に帰って、待機してもらい、医師の到着を待った。


やれ、これから、長期戦だなぁ~


そう思うと、急に不安になってきた。


私の方が、もちそうにない。


そうだ、妹に来てもらおう。


「ああ、ええよ、でも、私、お風呂にもはいっとらんし・・・


支度もせんといけんし・・・お昼前くらいになるかも・・・」


「えーーーーっ、風呂やこうどうでもええがっ!


誰に会ういう訳でもなし・・・」


「ほんなら、なるべく早よう行くわ」


と言う。


果たして、原因は、風邪だろうという診断を受け、


点滴治療を始める事になった。




  ~To be continued~




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。


スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■保育園でも

同じなんですね。子どもが熱出したり怪我したりすると呼び出される。私もやはり親に来てもらった。仕方がないんです。子どもを寝かせる部屋がそもそもないんですね。それに、その子どもに付いていてやる人間がいない。もう専任の私とアルバイトの若い子で手一杯。だから、共働きの親は大変なんです。公務員はいいんですよ。短時間でも休暇が取れますからね。

日本ではこれが普通ですが、欧州では、違います。親が働くために施設がありますからね。働く親がいてウルサク言うから仕方なく保育園を作ってやったた日本と、男女とも働いてもらってみんなで豊になろうと考えて、政府が政策的に保育制度を充実させようとする欧州と。

考え方は根本的に違うんですよ。発想がね。

2 ■無題

おっかちゃん(>_<)
大変だね!!
何があっても親は親でまのあたりにしてしまうと、とても心配だよね。
風邪が悪化しないように…

心から祈ってる。
そしておっかちゃんの心身も元気であるよう祈ってるからね!!!

3 ■ヒョンさんへ

よかったら、それを伝えたとこで、何になるのか教えてくださいなぁ~(o^-^o)

4 ■のんちゃんへ

うんうん;;;
そうそう・・・
うるうる;;;
ありがとう・°・(ノД`)・°・

5 ■なんか

ほっとしたょ。

お母さまが大丈夫そうなこともだけど
あ、大丈夫なのかな・・。

そのことと・・
昌子さんが揺れていること。

そだよね。お母さんだもん。
もうすぐ母の日だよ。 

大丈夫だといいな・・。

6 ■藍ちゃんへ

うんうん;;;
心配したけど、大丈夫みたい・・・

ありがとう~(゚_゚i)

7 ■Re:ヒョンさんへ

>のんさん

分からない?毎日ニュースや新聞見てる?

政治を変えたら簡単に問題は解決する、ってことですよ。フランスでは広い部屋で手厚い介護で老後を楽しんでいます。世界第二の経済大国でそれを政府が実現しないのは、国民が、麻生とか小沢とか、ああいう金権腐敗政治家を頼りにしているからですよ。ハッキリ言わせてもらいますが、馬鹿なんですよ。島国根性で井の中の蛙で、外国のことを少しも学ぼうとしない。研究者しかり新聞記者しかりジャーナリストしかり。分かりました?

8 ■ヒョンさんへ

ありがとうございました。
いつも政治を変えれば良いと昌子さんに押して、昌子さんだけにとっては、とても遠い極論というか持論のように私には聞こえてしまいましたが、国民が政治を動かすことには間違えありませんね。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/925-3ea5021e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。