夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・罪 (1)

 

 

屋上の手摺から、身を乗り出して、私は、一部始終を見ていた。

彼女の周りを、医師や看護士、様々な医療器具が取り囲み、心音を聴いたり、脈を取ったり、怪我の状態を調べたり、心臓マッサージをやったりしていた。

が、ついに、医師は、瞳孔を照らし、そして、腕時計を見た。

皆が皆、一斉に彼女に向かって、手を合わせ、

それから、おもむろに、ストレッチャー以外の物は、すべて片付けられていった。

もう笑わなくなった彼女の体は、それに、乗せられ、私の視界から消えた。

それでも、まだ私は下を見続けていた。

生々しく放置された彼女の血液が、そこら中に飛び散った様を凝視していた。

思考は、完全に停止し、体は硬直していた。

どのぐらい、そうしていたのだろうか。

私を呼ぶ声に気付いて、やっと、私はこの縛から解き放たれた。

途端に、すべての力を、一瞬にして奪われ、その場に、崩れてしまった。

床に転がった2本のペットボトルが、陽に照らされ、眩しい光を放っている。

 

ベッドに横たわったまま、時間だけは過ぎていく。

この部屋の中は、何の変化もないのにね。

窓の外を、日が昇ったり、沈んだりして、それで、一日経ったって、判る。

 

いつも、夜中に目が覚めて、それから、朝まで、眠れない。

誘眠剤とか、睡眠剤とか、飲んでみても、あまり変わりはない。

することがないので、ノートに、とりとめもなく何かしら、書いてみる。

それは、字だったり、絵だったり、記号だったり、ただの三角だったり・・・

本当に、なんの意味もない。

 

 

ある夜、いつもの時間に目が覚めた。

しばらく、ぼーっとしていたら、何か白い物が浮かんでいるのが見えた。

よくよく、目を凝らしてみると、それは、人の形をしていた。

ひぇ~、まさか****?

慌てて、布団を被った。

そんな、まさかね。

私、霊感なんてないし・・・

****なんか、見るわけないわ。

恐る恐る、顔を出してみると、まだ、それは、そこに居た。

こ、怖い~。

は、早く消えて~。

「怖がらないでよ、私なんだから。」

私?・・・私って、誰?

「私よ、よく見てよ。」

よく見ろったって、いやよ。

怖いんだもん。

「怖くなんかないでしょ。

生きてる時は、いつもいっしょにいたじゃないの。」

えーっ!

やっぱり、****じゃないのー。

「私、レモンティー、飲みそこなったのが、心残りなの。

飲んでから、死ねばよかったわ。」

あ、なんだ、彼女じゃない。

「そうよ。

だから、怖くないでしょ。」

そんなこと言ったって、やっぱり、怖いわよ。

「私、死んでから、ずっと、この辺りをうろうろしてるの。

迷っちゃったみたい。」

えー、そんなこと言われたって、何にもしてあげられないし・・・

「あなた、さ、どうせ夜眠れないんでしょ?

朝まで、ここに居させてくれない?」

そんなぁ、****と朝までいっしょなんて、あんまり気持ちいいもんじゃないわよ。

なんだか、気分が悪くなってきちゃった。

私は、****のほうを見ないように、急いで安定剤を飲んだ。

そして、布団を頭まで引っかぶり、

「どうか、眠れますように・・・」

と、ひたすら祈った。

 

やっと、うとうとし始めたのは、もう明け方だった。

そのまま、お昼前まで、眠っていた。

う~~~~~

なんだか、気分悪~い。

夜中のあれは、いったい何だったのだろう。

ほんとに、彼女だったのかな?

夢だったのかもしれない。

やだなぁ、誰か、お見舞いに来てくれないかしら?

入院してから、お兄ちゃんが、時々来てくれるだけだ。

夫は、来ない。

来てくれなくてもいいけど・・・

いえ、来ないほうがいい。

来てなんか欲しくもない。

 

「ねえ、今日、外科で、一人亡くなったみたいよ。」

よしてよ!

こんな真夜中の病院で、そんな話、怪談より怖いじゃない。

「その人は、どこへ行くのかしら?

どこか、行く所があるのかしら?」

知らないわよ、そんな事。

「私は、どうすればいいのかしら?

このまま、ずっと、ここに居るのかしら?」

・・・・・

「ねぇ、あなた、いっしょに来てくれない?」

な、なんですって!?

私は、いつも通り、布団の中に潜り込んでいた。

よして、よしてよ、そんな話、聞きたくない。

私は、両手で耳を覆った。

早く、どっか行っちゃってよ。

なにも、私のとこなんかに、居なくても・・・

 

 <つづく>

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/91-fa153215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。