夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者恐怖 3


ネットで、探し当てた歯科医院に、


やっとの思いで、電話をかけたのが、4月7日。


「斯く斯く云々(かくかくしかじか)なんですが、


診ていただけますでしょうか?」


そこは、完全予約制なので、まずは、予約をとるつもりでいた。


「少々、お待ちください。」


しばし、閑あり。


「今から、おいでになれますか?」


え、え、え?


今から・・・?


あ、そ、じゃ、あれだな・・・


「はいっ、大丈夫ですっ!」


と、答えてしまったもんだから、急いで、着替えて、


歯を磨いて、車に乗って、出かけなければならなくなった。


家から車で5分程の、超近場のその医院は、


最近、できたのか、立て直したのか、新しい建物だった。


今風の病院の如く、やたらに、瀟洒な凝った作りでない所がいい。


安心感を売り物にした、甘い色も使っていない。


モノトーンの配色ではあるが、白黒というより、


濃いグレーにオフホワイトといった感じである。


またしても、初診の問診表に、細かく書き込んで出した。


診察台に案内されると、40代と思しき医師が、傍らに座った。


ゆったりと構えて、私のこれまでの経過を、聞いてくれる。


「こんな状態なんですが、診ていただけますでしょうか?」


彼は、私の肘あたりに、優しく手を置き、


「ええ、大丈夫ですよ。


私は、身内や友人にも、パニックの人いますし、


そういう患者さんも、多く診てきましたから・・・


それに、あなたは、身体的には、何も問題はないでしょう?


心臓が悪いとか、いう訳でもないし・・・


ただ、精神的な問題だけですからね。


今日は、安定剤を飲んで来られたんですか?」


「いえ、すぐにおいで下さいと、おっしゃったので、


急いで、やってきたんです。」


「ほー、それは、エライ。


薬なしで、来られるとは・・・


では、こうしましょう。


最初の何回かは、病院や私に慣れてもらうまで、


歯磨きなど、歯の手入れだけしてみましょう。


リラックスできるようになって、


あなたが、大丈夫だと思えるようになってから、


少しずつ治療を始めましょう。


急ぐことはありませんから・・・ね。


予約すると、それが、またストレスになりますから、


あなたの気分がいい時に、電話をして来てください。


余程、忙しくない限り、診察致しますから・・・」


終始、にこやかに、柔らかく話してくれるこの医師に、


私は、信頼感を感じていった。


その日は、歯の手入れをしてもらって、帰った。


相変わらず、歯は痛いし、頭痛もするが、気分は、楽になっていた。


好きな時に、行けばいいんだ。


そう思うと、なんだか、とてもうれしくなる。


今度こそ、ちゃんと、治療してしまえるかもしれない。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。


スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■よかったね!

ネットって、やはり、物凄いでしょう?

私も、ネットで下調べしてから、出かけたんです。

病院で患者中心に物事が進められているか、確かめて、ね(笑)。で、実際に行ってみると、違ったから、腹立てて、意見を書く紙に文句を一杯書いて、窓口に放り投げてやった(笑)。

相手は、精神疾患を患っているのだから、対応は、他の医院より、患者本位でなければ、私は、医療行為そのものが成立しないと思う。

学童保育の仕事をしていて、思ったのは、その施設の中で発生した事件は、全て私の未熟さに原因がある、ということで、子供たちには一切責任は無い、ということでした。その認識に達するまでには多くの葛藤がありましたが、それが子育てに見事に生きました。

2 ■うんうん^^

そうね~~
確かに、こんなに患者本位の歯科医に、
巡り会えてよかったです。
大体、歯医者さんって、虫歯を治すことしか、
考えてないのよね。

3 ■よかったですね

いい歯医者さんとめぐり合えて・・・(^^)
腕がよくても 先生との相性もあるし、その場所との相性もありますよね。
近くで、好きなときに行ってもいいというのは
心強いですね。

4 ■じゅじゅさんへ

うんうん^^
これも、ひとつの縁というものでしょうね~
すっかり、歯医者に行くのが、
楽しみになっちゃいました~(=⌒▽⌒=)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/885-4105b2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。