夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい場所


病院からの帰り。


岡山駅に着いたのは、1:00頃だったろうか。


発病以来、全く、訪れることのなかった駅の変貌ぶりにも、


最近、やっと慣れてきた。


駅舎の中にも、「さんすて」という商店街ができ、


いや・・・商店街などと呼ぶことさえ、はばかられる程、


美しく整備され、名立たるショップが、誇らしげに軒を連ねている。


何度か、このあたりで、昼食を摂ったが、どうも落ち着かない。


どの店も、狭く、喫煙席のない所が多く、くつろげない。


中央改札を出て、どこで食べようかと、決め兼ねていた。


そのうち、駅の西口(裏側)へと続く陸橋へと、足が向いた。


そうそう、西口に行ってみよう。


もう、あの天井の低い地下道を通らなくても、行けるんだなぁ~


西口にも、新しいビルが建ち、一流ホテルなども、そびえている。


しかし、歩く道々には、昔のままの面影が、いくつも残っていた。


この辺りは、子供の頃から、私の行動範囲だった。


遠い記憶の中の光景と比較しながら、あてもなく歩いている内に、


奉還町商店街へと、入って行った。


ここは、古くからの商店街で、


昔から、買い物は、すべてここで済ませていたものだ。


そろばん塾の帰りに、駄菓子屋を覗いたり、


お使いに行かされたり、母の日のプレゼントを買いにきたり・・・


思い出は、尽きない。



夢の欠片 -パニック障害な私ー

(携帯の画像・・・ボケボケです;;;)


量販店の出現によって、ここも、寂びれる一方だったが、


空き店舗が増えれば増える程、余計に寂びれてしまうという、


悪循環に歯止めをかけるべく、空き店舗の家賃を大幅値下げした。


すると、そこへ、若者たちによる個性的な店が、出現してきた。


古着屋、無国籍料理店、手作り小物のみせ・・・


おやぁ~、なんと、文化屋雑貨店が、来ている。


昔からの、呉服店や八百屋、古道具店などと、あいまって、


それは、なんとも不思議な雰囲気を醸し出している。


私は、その中の一軒の店に、恐る恐る、入ってみた。


古い店舗を、そのまま利用して、所々に店主の主張を配してある。


ここは、昔、何の店だったかなぁ?


広い店内に、これまた骨董品のような大きなソファやテーブル。


二階に上がると、道に面して、一面ガラス張りになっている。


その窓際の席に座り、通りを見下ろしていた。


金物屋や果物屋、洋品店の主人が、店番をしながら、


立ち話に興じている。


そこへ、郵便屋さんのバイクが止まる。


顔馴染みの面々は、にこやかに、言葉を交わす。



夢の欠片 -パニック障害な私ー


店内には、古いJAZZのナンバーが、流れている。


私は、すっかり、くつろいだ気分になり、


思いもかけず、タイムトラベラーになっていった。



夢の欠片 -パニック障害な私ー


↑トイレのドア




夢の欠片 -パニック障害な私ー

↑トイレの鏡




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。



スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■なかなか、いいじゃないですか

調子がいいですね。

岡山は田舎だと思っていたら随分都会ですね。一度組合の会議があって出かけたことがありますが、忘れてしまいました。

どんどん、書いてね(笑)。楽しい。

2 ■はいぃ~~

近々、政令指定都市とやらに、なるそうで、
なんやかやと、ニュースを賑わわせていますね~
まぁ、小都市といった感じかな・・・

3 ■花粉症の!

漢方薬をおしえていただきありがとうございます!さっそく試してみます。

私どもの年代になると昔のなつかしい場所にタイムスピップしたくなるんですよね。
これからも短歌だけではなく、こんなタッチのエッセーも書いていただきたいものです!!

4 ■さらさんへ

あ、試してみてくれますか?
うれしいなぁ~

エッセイ、楽しんでもらえて、よかったです~
はいぃ~、病気も、回復に向かってきて、
やっと、こういうものも、書けるようになりました。

5 ■無題

5年前ほど行った時は駅周りは開発途中の閑散としたところでした。今行ったら全然風景が違うのでしょうね。
路面電車?バス?に乗って後楽園を散歩しましたよ。歴史の古い街、いいですね。また鰆の刺身食べに行きたくなってきました。

6 ■うー、、、

なんでこんなにピントが合わないのか気になる・・・(ノ゚ο゚)ノ  携帯はオートフォーカスですか??

7 ■さの吉さんへ

そうですか~
ぜひ、また、おいでください。
今度は、倉敷とかも、見てほしいです~

8 ■S井さんへ

あ~~~~;;;
えぇ~と~、接写モードとかになってました。

9 ■ありがとうございます♪

昌子さ~~ん!

このエッセイのこと、教えてくれてありがとう!
そうかぁ そんなに変わっちゃったんですねぇ・・・
奉還町商店街って、屋根ついてたんだっけ?
って思っちゃいました。
こどもの頃はなかったような・・・
角に石屋さんがあって、その近くの電気屋さんと
お風呂屋さんが同級生でよく遊びにいってました。

それにしても、昌子さん、かわいい(#^.^#)
回復されてきたそうでよかったですね。
逢える日も近そうですね♪

今日は、タイムトラベルさせてもらって
ありがとうございます。
また楽しみにしています♪

10 ■じゅじゅさ~~~ん

おんなじ記憶を、共有してるって、うれしい~~

奉還町の屋根は、一丁目~3丁目にはあるんです。
私たちの家の近くのほうには、ないですが・・・
石屋さん・・・電気屋さん・・・お風呂屋さん・・・
知ってるかも・・・つる湯さんじゃないかしら~?
小さい頃は、いつも、通ってました。

えへっ・・・かわいいっすか?(#⌒∇⌒#)ゞ
うれしい!

うんうん、会いたいぃ~~~

また、こんなエッセイ、書いたら、お知らせしますね。

11 ■なつかしいです~

昌子さん すっごくうれしいですぅ~♪
こんな超・チョ~・ローカルな話がここでできるなんて(^^)

つる湯さん? だったような気もします。。。
電気屋さんのほうから歩いてきて、石屋さんを右に曲がって
ちょっと行った左手のところですよね?
まさみちゃんのお家でした。
でも 全然連絡とってなくて もうあのお家には
きっといないでしょうねぇ。

ぜひぜひまた いろんなお話きかせてくださいね。
楽しみにしています。
このブログも「お気に入り」にしたので、またちょこちょこ来ますね。

12 ■じゅじゅさーーーん

電気屋さんのほうから歩いてきて、
石屋さんを右に曲がって
ちょっと行った左手のところだったら、
じゃあ、じゃあ、つる湯さんだっ!!
やっぱり、あそこだぁ~~
ちょっと前までは、お風呂屋さんも、
やってたような気がするんだけど・・・
また、あの辺りへ行ったら、書きますね~~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/876-c7fd7378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。