夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て



私にとって、唯一、達成感の感じられるものは、子育てだった。


幼い頃から、あんな大人には、あんな母親には、決してなるまい、


と、反面教師を目の当たりにして、成長してきた。


父も、母も、祖母も、すべてが、悪い見本だった。


自分が、こうして欲しかったと思う事は、


ほとんど実行してきたつもりである。


何一つ、自分の意思の反映されない生活の中で、


子供だけは、私の信念をもって、育ててきた。


もう触ってくれるな、というまで、抱っこし、


高学年になるまで、いっしょの布団で、寝ていた。


叱るという行為は、最小限に留めてきた。


普段、細かい事で、小言を言わないでいれば、


子供は、自分で判断力を身に付けていくものらしい。


勉強しろと言った事もない。


この言葉は、禁句である。


言えば言うほど、子供は勉強しなくなる。


向上心というものは、誰の心の中にも、存在している。


それを、発揮させるも、潰してしまうも、この一言に懸かっているのだ。


親は、何をすべきか?


それぞれの子供の個性を、理解し、見守るだけでいいと思う。


その心情、感性までも、汲み取るように、じっくり観察すればいい。


それに、加えて、同じ目線で、喋くり合える話題を持てば、


何くれとなく、話してくれるようになる。


こちらが、全力で、無条件で、愛すれば、


子供は、それに応えてくれる。


こんなに、愛しいものが、他にあるだろうか?


成長し、大人になってしまった子供たちを、


私は、今でも、力いっぱい、抱き締めたいという、


衝動に駆られるのだ。





こちらへ、過去の記事を載せていきます。 → FC2小説




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。






スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■私は親に・・・

記載されている文章と同じように扱われて育った来ました。
怒られた事もなく、命令された事もなく、自分で判断するという課題だけ・・・温かさに包まれながら生きてきました。

不安に感じるのは、自分の能力不足だけ。
周囲の愛情に疑問をもった事はありません。

親は、いろいろな苦しみや悲しみを背負っていたはずなのに、私に余計な心配や苦しみを与えまいと頑張っていたのだと思います。

おかげで、私は自分の内面に思考を巡らす充分な時間を与えて貰えました。

無心の愛情は、人を強く・優しく作り上げるものだと実感しています。(∩.∩)

2 ■それは

分かっているんです。

私と同じだから。

でも、個々人、育て方は、個性的でしょう?

それを知りたかったんです。

私の息子もちと遅まきでしてね(笑)。男の子はなかなか簡単には育たないようですね。だから、昌子さんの息子さん、どうしてるかな、と思って(笑)。私も、随分、遠回りしましたからね。

3 ■旦那さんは

どうだったの?

私の娘は一度だけ私に甘えたことがありました。コートを買ってほしいって(笑)。上等のコートを買ってあげました。女ってねだるの上手ね(笑)。

息子さんと旦那さんがどう付き合ったのか?旦那さんはお嬢さんとどう付き合ったのか?

それを、昌子さんが、どう思ったのか?

4 ■macrinさんへ

コメント、ありがとうございます。

まぁ~~
それは、よかったですね。
とても幸せな子供でいられて・・・
よいご両親です~~~
あぁ~、うらやましいなぁ;;;

5 ■おはよう。

いろいろ考えちゃうな。まだまだと感じることが多すぎる現状だから。多かれ少なかれ、良くも悪くも、自分が親になったとき、自分の親の育て方は関係してくるんだろうね。

育て方も、親子に合ったものがあるだろうし、どれを間違いだなんて言えないかも。愛し方も、それぞれみたいに、ね。

人は、やっぱり抱きしめられると、ほっとする。子供が成長するに連れて、「親だから」って想うとだめだめになってしまうことが多くなってね。

今は、ただ大切だから・・、かわいくて仕方なくて、叱りもするし、心配もする。もちろん、ぎゅうってするし、娘もしてくれるよ ^ ^

「だめなとこもあるけど、だいすきなお母さん」って感じかな。いいんだー。私も正面から付き合ってるのはおんなじだよ。

いろんな親子関係聴くけど,昌子さんのとこもいいなって想うな。

あ。明日ね、卒業式なんだ (*゚ー゚*)

6 ■すらしいです

子供の力を引き出させるような育て方ができた昌子さんはすごいです(^∇^)

私の親は私を否定しまくって、指図しまくる人でした。さらに、「あなたの友達の○○ちゃんは向上心があって、人を押しのけて上に上がる、素晴らしい子」と比較されてました・・・。

親は自分の問題を弱い子供にあたって生きている人が多いと思います。
昌子さんのような子育ては誰にでもできないと思います。

私も心の中の大きな怒りを抑えて弱者に接することができるかどうか、かなり・・・です。

7 ■Re:おはよう。

>藍さんへ

あら~、そうなの~
卒業、おめでとう~(≡^∇^≡)

大好きなおかあさん・・・って素敵!
きっと、この先も、いい関係でいられるよね。

8 ■アンジーさんへ

私も、産むまでは、不安でした。
でも、それは、杞憂でした。
案ずるより、産むが易しですよ~(*^▽^*)

9 ■ヒョンちゃんへ

息子は、3年前くらいから、
駅前のファッションビルで、バイトしています。
自分で探してきた仕事です。
夫の子育てについては、
また、詳しく、書きますね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/845-1ff4afaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。