夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無気力


ここ2~3日、妙に、無気力だ。


それ以前は、やたらに、元気だった。


毎日、愛犬ペレ君と散歩に出かけ、


洗濯もしていたし、料理も、たまには、できていた。


それが、いきなり、ガクンと急降下。


地盤沈下に似ている。


地下に空洞部分があるのだ。


それを、埋められない。


今、私に注がれているすべての愛をしても、


親の愛情に取って代わることはできないのか?


真の私というものを、


親は、見ようとしてくれなかった。


自分達のことで、せいいっぱいだったのだろうか?


「できたから、産んだ。」と、言う。


妹は、欲しくて、産んだらしい。


私は、親にとって、


自分達の不足部分を補う補修部品であったのだろう。


親の領域に、取り込まれ、同化させられ、


親の意思によって、動かされていた。


それに従っていけば、愛してもらえると思っていた。


すべての要求を、成し遂げても、満点は貰えなかった。


たったひとつでも、不備があれば、それまでの苦労は、


瞬く間に、水疱に帰した。


求めても、求めても、得られないもの・・・


今となっては、永久に得られる日は来ない。


それは、人間にとって、不可欠なもの・・・


自身の存在価値を、証明してくれるもの・・・


命の原点であろう。


それが、欠落したまま、生きてきた。


それが、埋められないまま、生きねばならない。


寂しい、切ない、哀しい・・・


閑散とした洞穴の中を、風は、鳴き渡る。


冷たい空気を、掻き混ぜては、


捨ててしまいたい記憶を、浮かび上がらせる。


そんな空洞に、また、落ち込んでしまった。


何度、繰り返せば、終わりが来るのだろう?


私は、親を、恨んではいない。


ただ、この苦しみを、解って欲しい・・・


それだけなのに・・・




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。




スポンサーサイト

コメント

1 ■子供には

母親の無条件の愛が必要ですね。私の娘も元妻が夜会議に出かけるので、いつもくっついて行ってました。元妻は別に可愛がるんではないんですが、自分自身が母親に見捨てられたから、頑張ってました。でも、夜、疲れて帰って来て、風呂に一人で入らせて、滑って、もう少しのことろで死なせるところでした。危なかったです。親の愛情というのは不思議なもので、成長すると、干渉になるんですね(笑)。だから、私たち元夫婦のように、覚めた愛情が丁度良かったのかもしれません(笑)。

2 ■厳しい言葉を、一つ

親とはもう別れなさい。愛情を求めて彷徨うことはもう止めなさい。与えられなかった運命を変えることは出来ないのだから。だから、もう求めずに、自分で作りなさい。生き甲斐を。

多くの日本人女性が自己を確立していません。折角生命を与えられたんです。大事に一秒一秒楽しみなさい。いつ死ぬか分からないでしょう?だから、死ぬ間際に後悔しないように、生きるんです、楽しく、ね(笑)。

3 ■ヒョンちゃんへ

うん・・・そう・・・
楽しく生きようと、思ってるんですよね~
でも、時々、こんな気持ちになっちゃう;;;

4 ■自分が一番したいこと

これを見つけられたらもう大丈夫。母親のことなど、忘れられる。

5 ■うん・・・

そうねー
やっぱり、絵だよね~~(*゚ー゚)ゞ

6 ■貴女、でも

世話焼きじゃない(笑)?

他人が嫌いなわけではない、私と違って(笑)。

絵が貴女を癒してくれる?旦那さんが貴女を癒してくれる?

貴女は、誰かに、助けてほしいと思っている。

私は、自分で自分を助けるのが早道だと思う。

イチローが、昨シーズン、170本安打が出た段階で、自分にプレッシャーをかけようと決心したそうです。

7 ■続き

イチローは、これまでは、170本安打までは順調で、その後、急に安打が出なくなっていたんですね。それで、彼は、今までは、外からプレッシャーがかかってきていたから負けたが、今度は、自分からプレッシャーをかけて、自分で、乗り越えようと思った。

凄いと思いません?

私には無縁な決断ですけど(笑)、昌子さんには、有益な示唆を与えませんかね(笑)。

8 ■近藤誠さんのこと

今日、フランスのガン専門病院で抗ガン剤治療がやられていて、ああ、フランスでも、こんな馬鹿なことをやっているのか?ってガッカリしました。国境を越えて患者が集まってくるそうです。

ですから、世界中を敵に回して、近藤氏は、自らの理論を打ち出したことになります。そして、未だに、打ち破られていない。

誰も、癌を克服してはいない(笑)。本物の癌が出来れば必ず死ぬ。偽物の癌もどきなら、何もしないほうが、かえって長生き出来るものを、医者に殺されてしまう。

私、彼の科学者としての生き様、賛成です。

9 ■そうですね~

今、私は、自分を甘やかしているんです。
不幸を言い訳にして・・・
本当は、もっと、いろんな事ができるって、
自分でも、わかっているんです。
でも、あまりにも、幸せなので、
初めて、幸せになれたので、
もう少し、この状態に、浸っていたいんです。
夫に、息子に、甘えて・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/832-dc2cbd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。