夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無条件の愛


なぜ、私は、両親に抱きしめられた記憶がないのか・・・?


11歳下の妹は、いつも、父に抱かれていた。


父に、まとわりついては、甘えていた。


父は、さも嬉しそうに、それを許していた。


私は、いつも、傍観者でしかなかった。


それが、いかに残酷な事か・・・


当時の私は、気付きもしなかった。


今になって、しみじみと、それを感じている。


過去を振り返る時、


親との、結び付きの儚(はかな)さを、思わずにはいられない。


抱き締められた感触も、温かい愛情も、


記憶の中から、見い出すことはできない。


そんな自分自身を、可哀想だと思う他はない。


それは、私の胸を、押し潰すほどの感情である。


あまりにも、哀しく、切ない。


私が、半世紀を費やしてまで、手に入れたかったものは、


無条件の愛、ただ、それだけだったのに・・・


報われぬまま、親との絆は、切れてしまった。


今の私は、幸せだと思う。


夫は、真の父親の如く、無条件に愛してくれている。


私を護り、気遣い、包み込んでくれる。


伯母は、まるで、母親のように、理解してくれている。


今までの、私の苦労を、心から労(ねぎら)ってくれる。


二人の子供とも、理解し合えていると思う。


何よりも、私は、無条件に子供を愛していられる。


しかし、時折、心の中を、吹き抜けて行く寂寥感は、


いつまで経っても、拭い去る事はできない。


無条件の愛・・・


子供が、そこに存在してくれるという、


ただ、それだけで、愛おしく思わずにいられない。


そういう気持ちを持つ事は、それ程、難しい事だろうか?


子供を持つ人達に、聞いてみたい。


子供が、誕生した瞬間から、


それは、当たり前に存在する感情ではないのだろうか?


それとも、そう思うのは、私だけなのだろうか?



  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。


スポンサーサイト

コメント

1 ■無題

"時折、心の中を、吹き抜けて行く寂寥感"
すごくわかります・・・
私も今の自分はとても幸せで恵まれていると思うのですが(自分自身のパーソナリティに問題を抱えていますが)、時々(頻繁かも)どうしようもなく寂しく、空虚な気持になります。今でも、一番求めているものは母からの愛なのかもしれません。斎藤先生はよく、過去は幻想と言っていますが・・・

2 ■その寂寥感を

忘れないで下さい。

貴女はもう立派に立ち直ったのだから、その寂寥感を、忘れないで、絵に託してください。きっと、いい、絵になります。

科学者と違って、芸術家は追い込まれるように作品を描きます。それをしなくては生きていられないから。ただ、それだけのことに人生を費やす存在って、面白いじゃないですか(笑)?

そういう人のことを世間では「非凡」って言うんです(笑)。

3 ■今日テレビで

今晩、テレビを見ていて思ったのですが、私は、自分の子供の体温を感じたことはなかったです(笑)。俳優がある場面で猫の体温を感じるんですが、それを見て、私は、自分の子育ての中で、自分の子供の体温をいとおしく思ったことはなかったと思いました。ただただ、育てることに懸命で、気づきもしませんでした(笑)。それでも、娘は、私の両足の間で、いつも、スヤスヤ眠っていて、私は、トイレにも行かれず困りました(笑)。離れると泣くんです(笑)。

4 ■アンジーさんへ

そうですか・・・
過去は、幻想・・・ですか。
ん~~~~
そうは思えないですねぇ~
でも、その過去があったから、
今の自分がいる、と思えば、
救われた気分になれます。
あの暗い過去がなければ、
知ることのなかったことを、
たくさん知ることができたから・・・

5 ■ヒョンちゃんへ

実は、あなたが送ってくれたDVDを観ていて、
こんな気分になっちゃったんです~~
私は、自分の子供時代のことを、
思い出しながら、観てしまうんです。

確かに、人は、何かと引き換えに、
もっと大切なものを、手に入れるのでしょう。
私にとって、それは、絵であり、短歌です。

6 ■芸術

芸術というものは、それを鑑賞する人間や動物のその時の感情によって受け止められ方が違うみたいですね。

客観的には、あそこでは、子供は、主人公ではないんですね。妻は、子供を奪い返したかったのではなく、夫を取り戻したかっただけなのね。その夫を奪ったこの資本主義社会に対する怒りへとは進まず、Happy End にしてしまった、という難点はありますが、それでも、あのドラマは、よく出来ている(笑)。

7 ■そうですね・・・

なんか、間違ってるっていう気持ちは、
ずっと持っていました。
今の日本の社会構造自体が、歪んでいると・・・
このままじゃあ、自給自作でも、やらなきゃ、
食べていけないかもしれない。
男が、いくら頑張っても、家族を養えないなんて、
家庭サービス以前の、死活問題になってきてますね。

8 ■歪み

この表現はよく使われるんですが、問題の本質の手がかりを知らない人がよく使うんです。

資本主義体制は、富や利益やお金を、主な動機として、発展しますし、実際、お金は、あるにこしたことはないのです。

お金が無くて、子供を死なせてしまう人は沢山いるし、お金が無くて、進学出来なかったり、お金が無くて、子供を大学に進ませられなかったり、世の中、お金でなんでも解決出来るかのように錯覚してしまうんですね。

でーも、私は、違うと思いますね(笑)。

9 ■資本主義

この社会体制をどう評価するか。なかなか難しいです。不破さんも自分自身で評価することは避けています。出来ないんです。マルクスを越えることはそれだけ難しい(笑)。

日本共産党員の高田という経済学者は日本共産党の方針に反してではなく、世界の当面の到達点として、北欧型の高福祉国家が予想されるだろうと言っています(笑)。

10 ■う~~~む・・・

結局、心の持ち方なのかなぁ~?
「足るを知る」ということでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/826-2fab6ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。