夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サガ


人の、感情的に怒る姿を見て、

怒りよりも、哀しいと思ってしまうのは、

なぜだろう。

確かに、腹は立っている。

憤懣やるかたない。

不条理なものへの怒り。

それは、厳然として、存在しているが、

反射的に、逆襲することができない。

驚きの方が、大きい。

驚きと哀しさで、凍り付いてしまう。

だから、相手は、気の澄むまで、

悪口雑言を並べ立て、

まるで、私という人間が、

何も感じていないかのように、責め立てる。

その言葉の刃が、幾つも、何度も、

心に突き刺さり、見えない血が流れ出す。

気力を奪われ、言葉を見失い、立ち尽くし、

鬼のように見えるその表情を、

呆然と、見ていることしかできない。

ほとんど、ヒステリー状態と化した、

相手に対し、何を言えるのか・・・

何も、思いつかない。

例え、何か、反論したとしても、

向こうは、聞く耳も持たない。

それは、幼い頃から、何度も、

味わってきた、苦い経験から解っている。

唯一、解ってもらえる方法は、

ギリギリまで、押さえ込んだものに、

誰かが、トドメを刺そうとした瞬間、

私の怒りは、怒涛の如く、噴出する。

こんな状態で、生きていくくらいなら、

死んだほうがマシだと思った時だけである。

言いたいことの、すべてを吐き出した結果、

相手の逆鱗に触れ、殺されても、仕方がない・・・

と、思う時だけである。

周りの人間は、皆、それ程までに、

私を苛め、虐げる事に、徹していた。

穏やかに話そうが、怒りをあらわにしようが、

事態は、一向に改善されない。

幾度となく、その轍を踏んできた。

命がけでなければ、相手には届かない。

日常が、常に戦場だった。

人は、なぜ、人を傷つけるのか?

憤るまえに、哀しいと感じてしまうのは、

私のサガなのだろうか?




スポンサーサイト

コメント

1 ■私だって

怒る時は嫌ですよ。感情が高ぶってお風呂にでも入らないと直らない(笑)。でもね、頑張るのですよ。ビシッと言ってやるの。そんな風にしてもね、相手が変わらないことは分かっていても、やられっぱなしでは、自尊心が許さないじゃない。相手が私を人間として扱わないのなら、私も相手を人間として扱わない。徹底的に罵倒してやる。

人間の多くは歪んでいるんですよ。だから、相手に対する思いやりを持てなくなる。いや、人間って他人の気持が理解出来ないのかもしれないし、異性のことなんかも理解出来ないのかもしれない。

2 ■続き

だから、理解して貰うためには、怒る必要があるんじゃないんでしょうか?目で睨み付けるとか(笑)。ちひろさんが、癌を発症させた時期に、ベトナム戦争が起こり、子供たちが殺されていったので、急いで画集を作ったんですよね。その中に、母親が怒った目をしている絵が一枚ありましたね。普段は子供の可愛い姿しか描かない人なのにね。

3 ■続き

肝炎訴訟で頑張っておられる女性。先日、加害企業と和解協議に入り、怒りをぶちまけてましたね。参加した全員が怒ってました。もちろん女性ですから、涙を溜めてですがね。彼女たち、ああやって、政府に謝罪させ、企業にも謝罪させたんですよね。私は偉いと思うな。

あいつら、人間じゃないですよ。腹の立つ!そして、今度は、黴入りや農薬入りの米でしょう?敢えて、必要もないのに、輸入して、誰も買ってくれないから、仕方ないから、あの問題の業者に安値で売りさばいたんですよ。

だから、怒りは大事ですよ。怒らなくっちゃ!貴女も怒れる人間になれれば、いいのかもね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/650-d6703006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。