夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情


私は、物心ついてからというもの、

人の感情について、考え続けてきた。

なぜ、怒るのか?

なぜ、笑うのか?

なぜ、悲しいのか?

なぜ、楽しいのか?

なぜ、欺(あざむ)くのか?

なぜ、見下すのか?

なぜ、苛(いじ)めるのか?

なぜ、責めるのか?

なぜ、なぜ、なぜ・・・?

感情というものを、分析するのは難しい。

人により、時代により、相手により、

様々な状況によって、一様ではない。

私にとって、妹が、どういう存在なのか、

未だに、はっきりとは、解らない。

互いに、理解し合えるかどうかも、定かではない。

だが、愛しいとは思う。

幸せでいて欲しいと思う。

同じ母から、生まれ出てきた者は、

他には、いないから・・・


産むという事は、女の本能であろう。

より良き遺伝子を、継承せんがために、

より良き男性を、選ぶ。

そして、自分の体から、生まれてきた子を、

愛し、護り、より良く育てようとする。

それは、すでに、女としての自分に、

始めから、そなわっていたと思える。

産んでみて、初めて、その本能が目覚める。

なぜ、産んだのか?

産みたいから、産んだのだ。

理屈などはない。

私が、女であって、

産める状況にあったから・・・

ただ、それだけなのだ。




スポンサーサイト

コメント

1 ■そうそう

感情は分析出来ない。理論化出来ない。論理で表現出来ない。

でも、人間は、赤ん坊で無い限り、言葉で表現しないと、他人に、自分の感情を理解して貰えない。

確かに、人間は、言語以外の表現手段で、感情を表現する。絵画や音楽は、言語を使わないで、他人の感性に直接働きかける。しかし、それは、何となく伝わるだけで、伝わったのか伝わらなかったのか、よく分からない。

2 ■続き

だから、ハッキリとした意志伝達手段として言語が発生し、この言語を使って、人間は、他人と交流することが可能になった。

そして、個々の言語には固有の文法が存在し、それは、論理的であるから、言語は論理で感情を表現することになる。理性と感情とは相反する脳活動であるし、永遠に、理性は感情を支配したり、表現し尽くしたりすることは出来ない。それでも、人間は、論理によってのみ感情から解放されうると私は思う。

3 ■続き

ただ、神経症は私の持病だし、子供の誕生と子育ての忙しさの中で、忘れてしまったんだし、そのために子供を産んでもらったんだし、また、鬱病も、再発した神経症も、死にかけて入院して、医者による適切な判断によって適切な投薬を受けて、完治したのであるが、それでも、躁鬱病は残り、躁常態を抑制するための投薬は死ぬまで続くだろう。

だから、言語による論理の力が、私の病気を直したのでは、決してない。神経症と抽象的思考とは併存しているように思う。私の思考は剃刀のように鋭いが、他方で、すぐに欠ける。脆い。偉大な数学者が偉大な仕事をやり遂げた後、廃人になってしまう理由が私には分かる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/645-3c2e73a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。