夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹を括る


昨日、友人宅へ出かけ、そこで、具合が悪くなってしまった。

私は、彼女の好意に甘えて、寝かせてもらった。

ところが、目が覚めてみると、午後8時半!!!

ガーーーーーン;;;

その時点で、自宅に電話を入れるべきだったのだが、

何だか、夫の声を聞くのが嫌で、できなかった。

取り合えず、友人に丁重にお礼を言って、帰路についた。

自宅の近くまで、来ると、トラックで出かける夫と、出くわした。

「何、してるんだ?」

私は、車の窓越しに、事情を告げた。

「夕食を買ってくる。」

と、夫は、走り去った。

自宅に着くや否や、私は、布団に潜り込んだ。

帰って来た時の夫の反応が怖い。

そのまま、寝てしまっていた。

午前0時。

まだ、眠い。

PCを、少し、いじって、また、眠った。

朝、起きても、まだ、しんどかった。

夫とは、会話もしていない。

昨日、買って来てくれた夕食を、半分食べて、

なんとか、ブログの更新を済ませ、また眠る。

午後4時。

体調は、かなり落ち着いてきた。

気持ちも、少し、平静を取り戻していた。

夫は、私の様子を、見に来ない。

気分を害しているに、違いない。

確かに、昨日は、私が、悪かったと思う。

けれど、私が何もしていなくても、

夫は、突然、機嫌が悪くなるのだから、

もう、手の打ちようもない。

私は、開き直った。

責めるなら、責めろ。

殴るなら、殴れ。

殺すなら、殺せ。

別れたいなら、拒まない。

有り金全部、渡してあるんだから、

そのお金で、夫は、生きていけばいい。

私は、ただ、この家を護るだけだ。




スポンサーサイト

コメント

1 ■あら

旦那さんに出て行って欲しいの?

家を守るって、どうして?

分からない。

子供が帰ってくる場所を確保するため?

喜ぶかな、そんなこと。

家を所有していたら、生活保護は受けられないよ。

資産ですからね。まず処分しろと言われる。そのお金で生活を続けて、無くなったら、保護してあげます、って言われる。

だから、保護を受ける前に、家を売ってしまい、お金は、タンスの中に入れておいて、ありません、って嘘つくの(笑)。

息子さんは、そろそろ追い出したら、どう?

お母さんが自立したいからって、言って(笑)。

2 ■ヒョンちゃんへ

まぁねぇ~
一応、その覚悟もできてるけど、
夫は、たぶん、離婚したいとか、
考えてないと思う。
ただの自己中だから、
私が、知らん顔して、放っておいたら、
また、元に戻ってたよ~
結局、私が卑屈にならないように、
自分の尊厳を護っていられれば、
夫も、変わると思う。
変わらないなら、
最後の手段に出ればいいし・・・

3 ■散歩

散歩しながら貴女のこと考えていた。

別に、とくに気合を入れて気にしているわけではないが、フト気がつくと考えていたのだ。

私の元妻は、私を追い出す時に、まず、自分から引っ越すことを決意して、息子に準備させ、自らも準備を始めた。引っ越し先を用意し、引っ越し屋にも連絡した上でのことだ。急だったので、驚いて、そんなことしなくても、私が出て行けば済むことだったので、30万円貰って出て行くことにした。

そして、北海道へやってきた。

私の元妻が取った戦略は自立した人間であればこそ出来た芸当であって、相手のことをよく考えた上でのことだ。

私は離婚したかったが、自分から家を出て行くことは考えていなかった。だから、丁度良かった。大抵、私は、優柔不断で、向こうから強制されないと行動に移すことが出来ない。大学も、自分から辞めることはせず、解雇という形を取って貰った。

4 ■続き

旦那さんも、私と同じで、自分から家を出て行くことはしないと思う。

そして、彼が、変わることはないと思う。

貴女は、自分にも悪いところがあったとか言っていたが、そんなことは絶対にない。今まで、ネットでのみの付き合いではあるが、私は、貴女に、世俗的な側面を見た覚えはない。

MLでのことを思い出して欲しい。ハーレーで悠々自適の生活をしている男性のことを批判していただろう?お金の金額を書いていたって。あの世俗的な側面、私、持っていたの(笑)。

5 ■続き

大学教員ってのは、みんな、苦労してるんですよ。妻に養ってもらって、紐になって、ね(笑)。だから、就職した途端に天狗になるわけ、ね(笑)。で、早く、教授、って呼ばれたいわけ(笑)。私の友人がプログを書いているが、そこに、彼は、自分が教授であることを誇りにしている文章が出てきて、日本共産党員の大学教員も、やはり、ね、と思いましたね。

私は、生活保護を受けるようになってから、そういう世俗から解放されました。でもね、幼い頃から、貧しい生活していたでしょう?だから、やはり、豊かな生活したいんですよ、本当は、ね。

だから、ね、豊かな幼少期を送った知識人には嫉妬を覚えるわけですよ。この、ヒンマガッタ、根性は、直らない(笑)。死んでも、ね。だけど、今は、少なくとも、豊かになりたいとは全然思わない。自由であることのほうが楽しい。

6 ■続き

この屈折した心情は誰にも理解出来ないと思う。朝鮮人が朝鮮を侵略した日本で生きねばならない、しかも、差別の中で、ね。

アイヌの人々が屈折してしまって、闘う気持が失せているのは、差別に次ぐ差別の中で、もう、闘う気力が無くなってしまったんですよ。可哀相に。

彼らの中の若者たちは、在日の若者たちと、沖縄の若者たちと交流を深めているけど、当然のことなんですね。

ああ、そうそう、家を出る勇気が出たら、言って下さい。組織があって、全部引き受けてくれますから。国が、国費で、貴女に、テレビを買ってくれます。布団も毛布も冷蔵庫もストーブも食器も買ってくれます。

貴女は、ボストンバッグ一つ下げて、家を出れば、それでOKです。あとは、組織が面倒見てくれます(笑)。

7 ■ヒョンちゃんへ

いろいろ、考えてくれたのね。
そう・・・夫は、きっと、変わらない。
でも、私自身は、変えられる。
いえ、変わりました。
もう、夫の豹変には、反応しないように、
しようと思っています。
放っておくことにしました。
冷静さを欠いた人に、何を言っても、無駄です。
私は、私のペースで、やります。

世俗的なとこ、あったと思う、きっと・・・
でも、例のハーレーさんを見て、
ばかばかしくなっちゃった。(^~^)

8 ■お金で人間性は買える

息子とバイクで北海道へやってきた時、ニューオオタニに宿泊したんです。空いていたから。そしたら、小樽での安宿とは全然違う対応で驚きました。お金で人間性が買えるんだと思いました。ニューオオタニの社員は極めて厳しい訓練を経ていて、お客の身なりで差別はしない。ずぶ濡れの二人を何事もなく部屋まで案内してくれた。9時に食事のオーダーがストップするというので、急いで注文したら、美味しい弁当が届いて、ビールを飲みつつ食べたら生き返った。有り難かった。安宿だったら、あんなことは出来なかっただろう。

だから、お金があるっていうことは大事なんですよ。少なくとも今の社会では、ね。だからこそ、公務員は、厳しい縦社会の中で、我慢に我慢を重ね、ひたすら定年が来るのを待ち続けているわけですよ。仕事なんてどうでもいい。定年後の生活が大事。

9 ■ヒョンちゃんへ

お金で、人間性が買えるの?
そうかもしない・・・
今は、お金が、すべての基準だもんね。
お金がないと、なんにも、できない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/616-4c2ca6e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。