夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去からの脱却


過去から、脱却せよ。

夫は、言う。

振り向かず、前を向けと・・・

そう・・・

解りすぎる程、解る言葉。

もう、誰も、私を傷つけない。

それは、明らかな事実。

それなのに、私は、まだ苦しんでいる。

細切れにされた、感情の破片が、体中を巡る。

見慣れた物の中に、記憶の断片が潜む。

未来のために為すべき事に、取り組めない。

抜け殻になった念が、纏わりついている。

再び、暗闇に引きずり込もうとする。


頭では、解っている。

毎日毎晩、言い聞かせる。

もう、大丈夫・・・と。

思考回路は、納得しても、

自立神経は、暴走する。

発作・・・悪夢・・・

怯え続けた50年は、長い。


宇宙空間に横たわり、

夢を見ない眠りを、貪りたい。

この自由を、体で感じられるまで・・・



スポンサーサイト

コメント

1 ■過去は受け入れられるのを待っている?

体の叫びは意外と真実を語っているかもしれません。50年もそうだったとすれば、それは直すべきものではなく、愛すべきものかも。その分人より繊細な神経の持ち主ということかもしれないし。個性として受け入れ、開き直ってみては?

2 ■石彫人さんへ

コメント、ありがとうございます。

愛すべきもの・・・
確かに、私は、過去の自分を、愛しいと・・・
思っているのかもしれません。
その50年があって、今の自分があるんですから・・・
少し、考え方を、変えてみたほうが、いいのでしょうね。

3 ■だから

だから、言ってるじゃない。

旦那さんも、結論としては同じことを言うし、私も同じこというし、他人も同じこと言うし、でも、貴女は、分かっていても、自分で自分を制御出来ない。

理性の問題ではなく感情の問題だから、理性で解決しようと思っても不可能だと思う。私は、時間が解決してくれるとは思わないし、旦那さんの愛が解決してくれるとも思わないし、私の助言や励ましが解決してくれるとも思わないし、貴女が、解決しようと努力しても解決出来るとも思わない。

掛け違えたボタンを、それじゃあ、誰が解決出来るか?日本に一人だけ居る。心の問題は専門家に任せなさい。

メイル一本出してみなさい。彼はきっと返事くれますよ。そういう律儀な人間ですよ。

京大の山中教授。彼、万能細胞を発見したが、もともとは、整形外科医だった。張り切って患者を治そうと思ったら、出来なかった。だから、研究の道に入り、何十年も実験を繰り返し、やっと、三つの遺伝子を見つけ出した。テレビで見ますとね、大勢居る研究者とは根本的に違いますね。

民放で、よく放映される、手術の名人が登場するでしょう?彼、確かに、名人なんですし、それだけの努力をしているんですし、身を削ってもいるんですが、なにか、違うんですよね。偉そう(笑)。

私、違うと思うんですよね。それで、テレビドラマ「Dr.コトー診療所」のコトーのことを思い出すんですよね。彼の、ね、患者に対する姿勢、何処までも真摯。ああいう人間性というのは、ね、必ず、態度に出てくるものなんですよ。

4 ■う~~~む、む、む

メール・・・?
斉藤先生に・・・?

5 ■困ったことは起こらない

斉藤一人さんは困ったことは起こらないとよく言われます。昌子さんも、パニック障害で実は何も困っていないのではないでしょうか?結婚もされ、お子さんも育てられ、ご主人とちゃんと生活をしていらっしゃる。世の中、昌子さんが何気なくやってこられたことも出来ないでいる人は大勢います。
ぼくがもし何かアドバイスをさせていただくとしたら、パニック障害を直そうと悩んでいる時間があったら、絵をもっと描かれ、個展でも開かれてはどうか?と思います。会場一杯の昌子さんの絵と観客、それを考えただけでパニクッたりして(笑)

6 ■斉藤さんは忙しそう(笑)

https://www.iff.co.jp/contact/index.html

メイルしなさいよ。フリーコールもありますが、50年の歳月を電話で語れます?

組織は肥大化していますが、誰かが対応して、斉藤さんの弟子が対応してくれるかもしれませんよ。

とにかく、扉を叩かなければ、門は開かないじゃない。

扉の向こうに幸せが待っている、というのに、叩かないで、苦しんでばかりいるのは、変じゃない。

門を叩けば門が開かれ、そこには、違った世界が待っており、貴女の病気がいとも簡単に直るかもしれないじゃない。

未来は自分で切り開くもの。そして、人間は、他人との出会いの中で、未来を切り開いていくもの。

旦那さんを幸せにしたいんでしょう?

苦しみから解放されたくて門を叩く人を拒絶する人はいないですよ。

7 ■石彫人さん、ヒョンちゃん

ありがとう。
真剣に考えてみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/588-226496eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。