夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

私たちは、今、生まれ落ちた時から、

大切に守り続けてきた、穢れなき魂のままに、

向かい合い、見つめ合っている。

否定する事もなく、警戒する事もない。

穏やかな関係を、手にすることができた。

今更ながら、夫には、長く辛い日々を、

よくも、耐えてくれたものだと、

感謝の念を禁じ得ない。

共依存であった私たち母娘の間には、

父や妹さえも、立ち入り得る隙間は、

針の穴程も、存在しなかった。

ましてや、他家から、婿入りしてくれた夫に、

その実態など、皆目、掴める筈もなかっただろう。

私が、ほとんど、母に盲従させられている事。

逆らえば、狂気のようなヒステリー状態を、引き起こし、

非情なまでの攻撃を浴びせかけられている事。

その思考回路が、どれ程、均衡を崩しているか、

どんなに冷静に説明しても、

いや、理解してもらおうとすればする程、

母の狂気は、加熱し、飽和し、爆裂するのだった。

私は、終身刑の確定した囚人のように、

母の作った強固な独房の中から、

一歩たりとも、出ることは、叶わなかった。

私自身の思惑で、行動できる日が来るなどという、

幻想は、とっくの昔に捨ててはいたが、

夫に対して、本音で話せない事程、

苦しく、哀しい事は、なかった。

今、母は、そんな経緯など、何一つ、覚えていない。

介護施設のスタッフの方々は、母の事以上に、

私の病状を、気遣ってくれる。

月に二晩程、帰宅すれば、

施設の規則に違反しないので、

ショートスティ、ならぬ、ロングスティを、

させてもらっている。

今の私の心情を、理解できる人が、

どれ程、いるだろうか?

恩赦によって、思いもよらず、

いきなり、無罪放免された囚人は、

最早、囚人ではなく、一般人となった。

重い鉄の扉が開き、私は解放された。

予想もつかない程の自由に、戸惑う。

夫にだけは、理解してもらいたい。

理解できなくとも、伝えるだけは、伝えたい。

私は、ぽつぽつと、小出しにではあるが、

いままでの私の心境を、口に出している。

夫は、それを、受け止めてくれている。

このまま、幸せな日々を、送り、

いつか、母を赦し、理解し、感謝することが、

できれば・・・と、願う今日この頃である。



スポンサーサイト

コメント

1 ■お母さんも

お母さんも、娘を虐待している自分を責め続けていたと思いますよ。でも、自分の子供の中の誰かを虐待する必要があった。それが、妹さんではなく、長女の貴女だった。自分の歪んだ生育過程を矯正するために子供を産む必要があった。

親は、様々な理由で子供を、この汚辱に満ちた世界に産み落とす。子供は生れたくて生れたのではない。親の身勝手な理由で産み落とされた。理屈を言えば、その身勝手さの代償として、親は、子供を、この汚辱に満ちた世界から守ってやらねばならない。

しかし、その理由が、自分の生育過程の矯正にあった時、子供は、被害者となり、守られず愛されず、求めても求めても、努力しても努力しても、尽くしても尽くしても、親は愛をくれない。

しかし、人間は、それでも、死ぬことが出来ない。生れた以上、自死することは、遺伝子が許さない。個体は、死滅するようにプログラムされているが、自らの意志で死滅するようにはプログラムされていない。

だから、このプログラムにしたがって、前を向き、未来に向かって生きていくしか、方法はない。

親から与えられた生は、産み落とされた瞬間から自分だけのものである。自分の人生をどう生きようが、誰も命令することは出来ない。自分勝手に生きればいい。世間がどんな色目で見ようが、笑おうが、蔑もうが、自分の欲するまま、生を生きればいい。

良い施設で良かったですね。今どき珍しい(笑)。

2 ■そうですねぇ~

本当に、有難いと、思っています。(‐^▽^‐)

3 ■医者に

そうそう。医者にも理解してもらったら?

今日、NHK教育で、社会的入院の話しがあって、ある医者が、北海道へ研修に行った時に、ある障害者施設を見学して、精神障害者が活き活きと働いている様を見て、自分のやっていた治療を見直したんだって(笑)。それで、副院長に進言して、患者を退院させる方針に転換したんだって。丁度、今、厚労省が゛、社会的入院を無くす方向へ何十年ぶりに舵を取ったばかりなのですが、治療機関に対する経済的保障制度を整備していないものですから、副院長は困ったそうですが、退院後の通院や訪問医療その他で4億もの赤字は解消出来るだろうという甘い予想のもと、OKしたそうです。

欧州では、もう、ずっと前から、進められており、知らないのは、厚生省の官僚と精神科医だけだったのです。

こんな馬鹿共とは別に賢い医者がこの国にいるんですから、損ですよ。頭の良い人はごくわずかなんです、何処の世界でもね。

4 ■うんうん^^

今の主治医は、かなり理解してくれています。
カウンセリングの内容も、把握してくれているんでしょう。

5 ■無題

頑張って 昌子さん!!
愛されてますよ!母親って 子供には言えない親だからこそって思いや、 かけてあげたいけど、言えない言葉ってある
昔の人は特にそうだと思います。
お母様もそうだと思いますよ。

きっとそうだったんですよ。絶対!お母様は 昌子さんを 愛していた。
であきゃ、育てる?洋服買う?学校通わせる?
子供も事 思えば 親ってすると思います

そこには 愛が あるから 出来る事ではないですか?

今、お母様は 娘がいないのと おっしゃている と書いてありましたが・・・
本当は逆にお母様が 昌子さんに嫌われていると思って そう言っているのかもしれませんよ。
昌子さんを思って・・・。
悲しいではないですか。
昌子さんも お母様も
両方が本音を言えないんだなんて。
今、昌子さんが少しでも 元気なら お母様の生きているうちに 抱きしめてあげてください。
嫌いでも何でも・・・亡くなって 絶対 後悔しますよ。親だもん。
自分が今いるのは どんなんでも 今のお母様のお陰なんですよ!
遅くはないです!お母様を抱きしめてあげてください。
昌子さん がんばって!後悔しないで!!

6 ■みきさんへ

コメント、ありがとうございます。
心から、感謝します。
そう、そうなんです。
愛と愛が、すれ違っていただけ・・・
きっと、そうだったんでしょうね。
今までにも、何度も、母を、抱きしめてみました。
温かいです、母は・・・
ただ、母を見ると、フラッシュバックが起き、
次に、発作が来ます。
それを、乗り越えられないんです。
後悔は、ない、と言えます。
今まで、命を賭して、母に尽くして来ました。
コメント、ありがとう~
本当に、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/570-7756007d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。