夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一時帰宅


母が、帰って来た。

昨夜と今夜、自宅で過ごす。

預けっ放しにはできない規則なのだ。

月に、1回以上、帰宅する日を、設けなければならない。

夕食は、施設で済ませ、7時頃、家に送って来てくれる。

玄関に立っている母に、台所から、「お帰り」と言った。

母は、二階の自室に、上がって行った。

母の顔さえ、まともには、見なかった。


今朝の食事は、夫に頼んだ。

夫は、快く、引き受けてくれた。

朝、7時頃、庭を歩いている母の気配。

鼻歌を歌っている。

私は、ヘッドフォンで、耳を覆い、

YUKIちゃんの曲を、鳴らし続けた。

お迎えの車が、来て、母が、出かけるまで、

私は、部屋に籠もっていた。

夫が、玄関で、見送ってくれた。


母が、家にいるという現実が、私を脅かす。

母には、苛めたという認識などない。

それは、認知症になる以前からだ。

ヒステリー状態にある時、

アルコールを摂取し過ぎた時、

(一時期、アルコール依存気味だった)

大抵、その間の言動など、

翌朝には、もう記憶の中に、全く残っていない。

私は、一体、どうやって、そんな窮状から、

逃げ出せばよかったのだろう?

否、逃げ出す気は、なかった。

ただただ、母に、私という人格を、

受け入れて欲しいと、切望し続けていた。

そして、何度も、訴えかけた。

が、それらは、悉く徒労に終わった。

何故、実の母に、解ってもらえないのか?

私には、理解できなかった。

「産まなければ、よかった。」

という一言で、私は、全否定された。

四十数年も経って、言う言葉にしては、

あまりにも、情けない。

普通の母親の愛情が欲しかっただけなのに、

そのために、自分自身の半生を、

すべて、母のために、費やしたと言っても、

過言ではない。

絶望という観念が、その時、初めて、

私の中に、湧き上がった。

次に、諦め・・・

今は、心の中から、母という存在を、

消去しようとしている。

自分を護るためには、もう、それしか、

手段は、残されていないのだから・・・


スポンサーサイト

コメント

1 ■やっぱしね

私の直感通りですね。

産まなければ良かった、なんて、子供は、どう受け止めたらいいのか、悲しいね。

でも、今、母親を心の中で殺してしまい、そして、そのうちに、自分を取り戻し、その上で、彼女を許してあげなさい。きっと彼女も同じ運命を辿ったんだと思いますよ。だから、きっと、貴女を産んで、自分を取り戻したかったんじゃないだろうか?でも、うまく行かなかった。彼女も辛かった。そして、人生は終わってしまった。可哀相じゃない、ね?

いい文章が出てきましたね。

これなら、うまくいきますね。旦那さん、いい人で良かった。恋愛結婚でなくても、うまくいく人といかない人がいますね。

前を向いて顔を上げて空を見上げて歩けるようになる日がきっと来るでしょう。人間は望めば実現するものです。

結婚したら旦那さんに尽くしたかったんですね。日本人女性らいくしおらしいですね。私の心の中にも、そういう女性像がありますね。尽くしてほしいって、ね(笑)。

頑張れ!頑張れ!一歩一歩、進め!

一人じゃない。旦那さんと一緒に、これからの人生、再出発出来るじゃない。楽しみですね。

子供たちも、そんな二人を見て、嬉しく思うに違いありません。

そして、長女が結婚し、長男も結婚し、孫が生れ、家族が増え、いいおばあちゃんになれるでしょうね。

たとえ、経済的に苦しくなっても、子供が助けてくれるでしょう。子供を守った事は大きな成果でしたね。

2 ■ヒョンちゃんへ

ありがとう・・・うるうる・・・・°・(ノД`)・°・

夫は、素晴らしいパートナーです。
いつも、向上心を以って、事にあたるんです。
今も、なにやら、本を読んで、勉強しています。
私は、今まで、夫に尽くしてきました。
それが、報われたと思います。

子供を、死守できたのは、
幼少時の私を、護りたかったから・・・
それが、できたことは、私の誇りです。

そう、いつか、母を許せるようになりたい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/508-e41b390c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。