夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢


所用で出かけ、夕方帰ってきて、

そのまま、寝てしまった。

2時間程、寝ていた。

様々な夢が、次々に現れ、

頭の中を、駆け巡っていく。

私は、母に、ひどい言葉を投げつける。

罵倒し、怒りをあらわにし、

邪魔だ、と追い払う。

それでも、母は、纏わり付いてくる。

情けない表情を浮かべ、

私の傍を離れない。

縋りついてくる。

振りほどいても、

突き飛ばしても、

母は、しがみついてくる。


もう、いい加減、消えてよ!

もう、私に、構わないでよ!


早く、目覚めたい。

この悪夢から、脱出したい。


苦しみ、もがき、うなされ・・・

闇の中を、手探りし・・・


やっとの思いで、

現へと戻れた。

ひどく疲れている。


もう一度、眠ったら、

また、同じ夢を見そうで・・・

怖い。


スポンサーサイト

コメント

1 ■感情

,この間紹介した本ね。私が読んで内容紹介しますね。やっぱり、お母さんとの関係が異常だったんですね。お母さんが死んだら、貴女も死んでしまうような気がします(笑)。

ゴッホ兄弟が、奇妙な関係だったんですね。フィンセントは世間に溶け込めずだったですが、彼の画才を認めた弟のテオの経済的支援で才能を発揮させ、テオもフィンセントと一緒になって、絵を作っていくんですね。そして、二人とも、絵を売ろうとはしなたった。テオは有能な画商だったんですがね。で、いろいろあって、テオの家庭が揺れ始めたことをキッカケにして、精神の均衡を崩し自殺してしまうんですね。そしたら、彼の後を追うようにテオも死んでしまったんですね。

マルクスもエンゲルスがいなかったら、あの壮大な仕事は出来なかったでしょう。極貧の中、祖国を追われ、乳飲み子に乳をやることさえできず、苦労したようです。でも、マルクスも男で、なんでも浮気したとか(笑)。

人間って、動物ですね。感情の動物。「English Patient」という映画がありますが、あそこでは、嫉妬が描かれています。私も一度だけ軽くこの嫉妬という感情にとらえられたことがあります。好きなものを取られるのは嫌なものです。自分のものでもないものに対しても同じ感情を懐いてしまいますから、お互い愛し合って結婚した相手が浮気してしまったら、凄くショックだと思います。映画で見たのですが、ある女性は、夫の浮気を知った時、吐いてしまったそうです。日本女性の場合は、泣くのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/385-d496a2d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。