夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄体ホルモン

2度目の、レディスクリニック受診で、

更年期障害と、診断され、

黄体ホルモンなる薬を、処方された。

んーーーむ・・・

病は気から、とは、正に言い得て妙。

薬を渡されただけで、気分が軽く、早くも、

治ったかのような錯覚に捕われてしまった。

無論、そんな馬鹿な事があるはずもなく、

やはり、パニック特有の症状は、

消えてなくなることはない。

けれど、食後に、やたら暑くなり、

1枚、脱いだ上に、タオルを手放せない程の、

大汗をかくという現象は、緩和されてきた。

脳みその上に、居座っていた漬物石のような、

負の感情も、減ってきている。

また、自分を大事にしたいという気持ちも、

自然と湧いてきた。

なかなかに、首尾はよさそうである。

同年代の女性で、

精神疾患の薬を、飲んでおられる方々にも、

お勧めしたいと、思わずにはいられない。

スポンサーサイト

コメント

1 ■昌子さんへ

お薬が合って本当に良かったですねо(ж>▽<)y ☆
自分の事のように、本当に本当に嬉しいです♪
薬を長年飲んでいると、飲んで楽になるとは思わなくなるんですよね。
眠くなり、頭と心が違うし、本当に辛いものです。

活力が湧くと言う事がどれだけ、素晴らしいか、
本当に生きてる事に感謝しちゃいます!

本当に本当~に良かった。
昌子さん、薬だけど 薬が合う事がどれだけ嬉しいか、分かります。
本当に良かったですね*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
胸がキュっとなり、温かい気持ちです*:..。o○☆゚

2 ■無題

甲状腺が出すホルモン量に異常が生じると大汗が出るそうです。女性に多い病気だそうです。更年期障害という大雑把な言葉で片づけるのは少し危険な気がします。このホルモンの異常で死に至ることもあるそうです。医者を信用しないで、自分で突き止めてみては如何でしょう?NHKの番組「ためしてガッテン」は、なかなか科学的で、説得力があります。

メリル・ストリープがアメリカの医者を信用しないで、自分で医者を捜してアメリカ中を旅し、医者が嫌がるのに診察させて、とうとう病気を直してしまう映画がありました。どう思います(笑)?

今、私は、保護課の吏員と喧嘩していますが、私のほうが制度について詳しいんです。それで、吏員は仕方なく、あるマニュアルを示して、そこに全部書いてあるからそれを読めと言うのです。それを読んでなお分からなかったら聞いてくれ、と言うので、聞いたら、今度は、分からない(笑)、と言うんです(笑)。

それから、保護のしおりという一枚の紙を渡すことが義務になっているのですが、それを先日貰いまして読みますと、面白いんですよ。彼らがやっていることとは正反対のことが書いてある(笑)。まるで、吏員は、保護利用者の味方で、なんでも相談してくれ、とでも言うような書き方なんですね(笑)。

そして、立入調査権についても、ソフトな書き方をしてあって、まるで、吏員が、保護利用者のことを心配して家に伺うように書いてあるんです。ところが、実際は、保護利用者が、働いて、収入申告しないで、何か買って、部屋の中にそれがないか確かめるために、法で保証された権限で強制立入するのです。拒否したら保護を廃止出来るのですが、それは書かないんです。法には、ちゃんとそう書いてあります。庶民は、法なんか読まないですから、こんな風に誤魔化すんです。

医者も同じです。患者は素人ですから、誤魔化すんです。しっかりしないと駄目です。

3 ■お大事にしてくださいね

 更年期が出るお年頃でしたよね そう言えば・・。私の母よりも、10くらい若いんでしたっけ。母はもう峠は越しましたが、汗をかいたり、吐き気がしたりとなかなか大変だったようです。
 女性ホルモンと男性ホルモンは、2種類ずつあり交互にホルモンを分泌します。片方が1種類出すと、それがもう一方を刺激し、次のホルモンが分泌され→またそれが刺激となり次のホルモンが出る、その繰り返しです。
 生理前に、不快感やニキビが出たりするのは男性ホルモンの量が多くなるからです。私はその症状を補うために、女性ホルモン分泌を活発化させるハーブの薬を飲んでいます。
 更年期には女性ホルモンの分泌が少なくなりますので、症状を緩和するにはそれを補ってやらないといけないのです。しっかりお薬を飲んでくださいね。少しでも症状が和らぐといいのですが・・・。

4 ■おはようございます☆

昌子さんに合う薬だったようで安心しました☆
皆に合うから自分も合うかと言うと、そうでもないコトがあったり、難しいですからね。
後は今飲んでいる薬と相性が合わないと効き目が半減してしまったり。

ちゃんと薬を飲んで体も気持ちも楽にしてあげて下さいね(^∇^)

5 ■(°∀°)b

なにわともあれ

昌子にゃんの気持ちが

少しでも楽になったのなら

よかったのにゃ^^

6 ■皆様、ありがとうございます。

RIKAさんへ

うんうん^^
これで、苦しみが、軽減されれば、
少しずつ、家事も、できるようになるかも^^
と思うと、ほんと、うれしい~

ヒョンちゃんへ

そーねー
自分でも、勉強してみたいと思います。
なるべく、医者任せにしないようにね^^

Chieちゃんへ

ハーブの薬・・・いいかも~
それも調べてみようかな。

野良犬ちゃんへ

うんうん^^
ありがとーね。

黒猫にゃんへ

そう、ちょっと、よくなってきたよ^^
ありがとにゃん

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/369-893b0e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。