夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の入院

今日、娘が入院する。

斜視の手術をうけるのだ。

生まれつき、斜視+弱視だった。

小学校入学前の身体検査で、発覚した。

それまで、全く、気付いてやれなかった。

長子であるが故、

子供とは、こんなものだろうという、

呑気な気持ちでいた。

思い返せば、歩くようになってからも、

ちょっとした段差で、よく転んだ。

あまりテレビに興味を示さない。

階段の上り下りも、ゆっくりしかできない。

物が二重に見えたり、ぼやけて見えたり、

していたらしい。

焦点を合わせようとすると、

右の黒目が、顔の中心へ寄ってしまう。

総合病院の斜視+弱視の専門外来に、

何年も通った。

治療法としては、分厚いレンズの中に、

プリズムを入れた眼鏡を作り、

成長と共に、買い替えていく。

アイパッチというシールを、

毎日、1時間位だったか、

左目に貼ったまま、生活する。

私は、そのまま外に行かせるのは、怖かった。

ただでさえ、見えにくいものを、

悪い方の目だけでしか、

見えない状態にするなど、

危険極まりない事のように、思えた。

それをサボると、次の診察の際、

厳しい女医さんに、私が叱られる。

毎回、怯えるようにして、病院へ通った。

診察が終わっても、その日には、

次の予約が取れない。

予約を取るためには、そのためだけに、

また、病院へ行き、

予約手続きをしなければならない。

ある日、予約していた日に、

行かれなかったので、病院へ問い合わせた。

「今日の予約でしたが、都合が悪く、

行かれませんでしたが、次の予約は、

どのようにすれば、よろしいのでしょうか?」

すると、眼科の受付事務の女性から、

信じられない言葉が、返ってきた。

「わかりません。」

取り付く島も無い、冷やかな態度である。

私には、それ以上、何も聞き返すことが、

できなかった。

公の病院とは、こういうものか・・・

それを機に、転院した。

「まあ、アイパッチも、どれほどの効果があるか、

わかりませんしねぇ・・・」

と、そこの医師は言った。

そんなもんだったのか・・・

眼鏡だけは、かけていたが、

ある日、娘が、

「これ、外しても、そんなに、困らないよ。」

と、言うので、眼鏡も止めた。

成長と共に、視力はよくなってきていた。

成人した今、SEの仕事をしているが、

支障はないらしい。

しかし、斜視は、治らない。

あきらかに、寄り目になるのが、わかる。

今は、医療技術も進歩し、

手術も、簡単にできるらしい。

今まで、不憫に思っていたが、

これで、治ってくれれば、喜ばしい限りだ。

次の帰省が、待ち遠しい。




ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■昌子さんへ

私の友人を斜視でした。
夕方疲れると 斜視が酷くなると言っていました
友人も 手術を受け
今も昔もですが 本当に普通に過ごしています
元気に 娘さんが帰ってこられるといいですね(*^▽^*)

2 ■Rikaさんへ

そうですか・・・
最近、結構、多いみたいですね。
娘の目が、治ってくれたら、一安心ですぅ~
コメント、うれしい^^
ありがとう^^

3 ■無題

医者は、親が、ちゃんと選んでやらないと、子供が大変です。

アメリカ人は、その点、見事です。医者なんててんで信じていないです。挙げ句の果て、自分で自分の子供の病気の原因を突き止めてしまう(笑)。

私は、大学院へ進学したお蔭で、医者の顔みたら、大体どんなレベルの医者か分かるようになりました。

でも、自分の病気については、鬱病の状態で受診しているわけで、相手がどうのこうの判断することはできませでした。その意味で、死にかけて、入院して、良い医者に出会えて良かったです。

4 ■ 初めまして


読ませて貰ってます
いつも、コメントをして良いモノかと思案をして、お邪魔だけをしてました

病院って、冷たい対応が多い!!とも私も想います
だから、掛かりつけを作っておくと良いです、真夜中でも、連絡をすると診て貰えます

私は、乱視が入っていて、視力が悪いだけです
今、角膜手術である程度の視力なら、戻せるといいますが、怖くて出来ません
ボンヤリと見えにくい日常が、常に見えるという事は、ありがたい事なのに…

娘さんが、元気に退院をされることを願ってます
また、お邪魔をしても宜しいでしょうか?

5 ■ヒョンちゃんへ

まったく、ですね:::
若い頃は、やはり親としても、未熟でした。

ヒョンちゃんは、よかったね^^
でも、心配したよ~~~

6 ■瑠菜さんへ

読んでくださって、うれしいです^^
そうなんです。
病院って、医者って・・・
アテにならないのが、多いんですよね。
納得できない時は、やめたほうがいいかも・・・

コメント、大歓迎です^^
ご遠慮なく、なんでも、書いてください。

7 ■ペタありがとございました~♪

娘さん、ご心配でしょうね・・・( p_q)
お気持ちお察しいたします・・・
家の娘も生まれて間もない頃誤診でほっとかれ、危なかったことがありました。病院選びって難しいですよね。゚(T^T)゚。
元気に退院できるといいですね(-^□^-)

8 ■元気に退院!

ひたすらお嬢さんが元気に退院されるのを願います。
病院も医者も一般人には良い悪いがわかりません。
でも、なんだって相性ってありますよね。
なんだか考えさせられました。

9 ■リネンさんへ

コメント、ありがとう^^ですぅ~
うるうる;;;
うれしい~~~!!
親としては、ただ祈るばかりです。

10 ■シルルさんへ

コメント、ありがとう^^ですぅ~
うれしい~~~~!!!
そう、相性って、あります。
特に、病院は、納得いくまで、探さないと・・・

11 ■斜視って

今は簡単に治るって聞きますけど。
それにしても 病院の受付の人 あかんわ!
今から私が電話して 怒鳴ってやりたいわ!!
娘の事、私も色々心配ですので 治してやりたいって気持わかります。

12 ■ボスさんへ

うわ~~~ん;;;
辛かったよ~~~~
怒ってくれて、うれしい^^ですぅ~
ありがとう^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/253-16779d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。