夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院







夫の提案により、病院を替わることになった。





何分、私は、精神疾患である。





自覚はないが、





たぶん、正常な判断力というものが、





あまり機能していないような気がする。





精神科、心療科などに、かかる場合、





大抵は、家族が付き添っているものらしい。





彼は、この7年間、





たった一度同伴してくれたのみだった。





再三、医師から、





「ご主人にいっしょに来てもらってください。」と、





促されていたものの、





私は、怖くて、夫には、言い出せなかった。





県外の大学に通っていた娘が帰省した折に、





娘も付いて来てくれるということで、





やっと重い腰を上げたのだった。





今回、二度目の転院である。





彼の推奨する病院に替わることにした私は、





今度こそ、同伴してもらおうと、決意した。





彼も、自分が行けと言った病院であるから、





私の頼みを、快諾してくれた。





家から少々遠いこともあり、





これには、感謝している。





何分、大きな大学病院なので、





患者数も、半端ではない。





待ち時間を経て、診察、カウンセリングを受け、





支払いを済ませ、薬を受け取る。





その頃には、もうヘトヘトに疲れているので、





自分で運転して帰るのは、かなりキツイ・・・





夫には、この先、ずっと、付いて来てもらい、





必ず、二人で診察を受けるつもりだ。





これで、診察後に、





夫に病状を報告しなければならないという、





重荷を一つ、減らすことができる・・・





それが、一番の効用と言えるだろう。











ポチッとお願いします。
 
  ↓




Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。




短歌とCGイラストのコラボです。




お暇な時にでも、おいでいただければ、




うれしいです。



   ↓





<私史心象>



スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/250-1440003d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。