夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断薬


 3錠飲んでいた抗鬱剤ジェイゾロフトを、徐々に減らし、ついに7月4日から、完全に断つことができた。

14年前、発病し、以来1日たりとも、抗鬱剤を飲まない日はなかった。
長年、パキシルのお世話になり、その半端ない副作用の苦しみも、散々味わってきた。
45kgだった体重は、あっという間に、74kgまで増えた。
便秘、胃腸障害、膀胱炎・・・などなど、繰り返し、何度救急外来へ駆け込んだことだろう。
もはや、何が病気の症状で、何が副作用なのか、判別さえできない。

病院を変わること、5回。
やっと、副作用を肯定してくれる今の医師に出会い、3年程前に、パキシルからジェイゾロフトに変えてもらった。
変えてから、1ヶ月で、体重は、10kg落ちた。

発病時、パキシルを上限の4錠、処方され、3錠までは減らせたのだが、長年服用してきた結果、減薬の際、ひどい離脱症状を起こすことになった。
ジェイゾロフトに変えてからも、状態が少し良くなる度に、減薬を試みたが、あまりにも苦しい離脱症状によって、また元の量に戻さざるを得ないということの繰り返しだった。
が、ここへきて、どういう変化が起きたのか、2ヶ月程で、3錠のジェイゾロフトを断薬することに成功した。

しかし、以前よりは軽いとはいえ、離脱症状は、やはりある。
それを、安定剤2種類で、なんとかしのいでいる。
また、神経性の胃腸障害には、半夏瀉心湯を服用している。

死ぬまで、飲み続けなければならないという諦めと覚悟を固めていたのだが、抗鬱剤なしで生活するという夢のような状況に、今はある。

さて、いつになったら、この薬の成分が、完全に私の体内から、消えてくれるのだろうか?
半年?1年?・・・まったく予想できない。
私の闘いは、まだまだ、終わらない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1671-5f21a182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。