夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい加減な人間



TSUKIKOさんの「調子の良い人間」を読んで、

遠い昔の経験を思い出した。

小6~中1の頃の友達のこと。

彼女となぜ仲良くなったのかは覚えていない。

いきなり急接近してしまい、

彼女の世界に取り込まれたような不思議な体験だった。

今から思えば、彼女は大ボラ吹きか、

そうでなければ、妄想型の精神疾患だったのだろう。

私を他の友達から、引き離し、独り占めし、

毎日、彼女の家に遊びに来るよう命令されていた。

なんだか、マインドコントロールまがいの、

彼女の妙に説得力のある話術にハマッてしまったのだ。

彼女は兄に、私は妹に、両親の愛情を取られたような、

似たような心理状態だった。

「二人で、東京に行って、歌手になろう!」

という彼女の言葉は、その頃の私には、

呪文をかけられたように、浸透していった。

「作曲家のすぎやまこういちを知っている。」とか、

「知り合いの音楽事務所がある。」とか、

「そこには、こうこうこんな人たちがいる。」とか、

よく考えれば、ウソに決っているのに、

いや、ウソじゃないかなと思いつつ、

信じたくて、信じたふりをしていたのだろう。

ある日、私たちは、親のお金を盗んで、駅まで行った。

もちろん、東京へ行くためだ。

当時、東京行きの電車など、朝と夕の2本しかない。

お昼頃、駅に着いた私たちは、ホームで待つしかない。

夕方まで・・・

すると、あまりにも、絶妙なタイミングで、

お互いの両親が、現れたのだ。

後々、これは、彼女の狂言家出だったのではないかと、

想像するに至った。

おそらく、

わざと親にバレるような家出の仕方だったのだろう。

それを、一人でやる勇気がなくて、

私という従者を、必要としたのだろう。

もちろん、それぞれの家に連れて帰られ、

こんこんと説教をくらった。

その後、親も、もう付き合うなと言うし、

私も、彼女に嫌気がさしていたので、

その旨を手紙にしたため、送った。

面と向かっては、気迫負けすることは明らかなので、

そういう手段をとった。

その中で、彼女のウソと思われることを、

すべて、書き並べ、説明を求めたが、

彼女の返信には、それには全く触れもせず、

何やら、訳のわからないことばかり連ねてあった。

それから後は、一切、口もきいてない。

ずっと、長い間、あれは何だったのだろうと、

理解できないままでいたのだが、

自分が精神疾患というカテゴリーに入り、

いろいろな病状を見聞きする内に、

どうも、妄想型の病だったのではないかと、思い当たった。

断言はできないが、執拗な独占欲とか、威圧感とか、

ありもしないことを、さも現実の如く話していたこと、

などなどから推測するに、

自覚のない境界性人格障害ではないかと思う。

私の母も、同じような症状を現していた。

私の、威圧的なものに対して、抵抗できない弱さ、

自我のあいまいさが、落とし穴だったと言えよう。

事ほど左様に、いい加減な人間はいるものだ。

まあ、幼い頃の経験として、

その後の生き方に、大きな影響を与える、

よい教訓だったと思っている。




ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


こんなブログもやっております。

短歌とPC画のコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>

スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

昌子さんへ

分かるぅ~なんか、凄く分かります!
私も上手く文章にできませんが、昌子さんと似たような経験や思いをしたような気がする!
きゃあ~凄く分かります♪
読んでいいる内に自分の事の様・・・と思ってしまい笑いながら読ませて頂きました♪

P,S 京都♪ 良いですね♪ 中学の修学旅行が京都でした。
    京都を夢見て節約します♪
    昌子さん、途切れないお付き合いを♪

うんうん

けっこう、多くの人が、似たような経験してるのかもね。
言わないだけで・・・

若い頃の赤っ恥なんて、掃いて捨てるほどあるもんね。
もう、ほとんど忘れたけど・・・


PS. 京都、いいでしょ♪

途切れないように・・・

絶対、会いましょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1611-a31e1db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。