夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科治療



久々に、発作を起こした。


つらつら、考えてみるに、


どうも歯医者がまずいらしい。


治療をしてもらった日には、


必ず、発作が起こる。


不思議なもので、午前中に治療して、


その時は何事もなく済むのだが、


夕方6時頃から、おかしくなってくる。


あ、まずい・・・と、思った、


時すでに遅し、安定剤が、追いつかない。


取りあえず、30分間隔で、


3錠飲んで、横になった。


ああ、懐かしい苦しみ~


このまま、寝入るまで、この苦痛と、


お付き合いしなければならない。


その苦しい、胸の中を、辛い記憶が、去来する。


もう、10数年前にも、なるだろうか?


歯の治療で、麻酔をされた。


・・・と、その瞬間、


全身から、血の気が引いていくのが、


ありありと、感じられた。


体が、冷たくなっていく。


・・・かと思えば、


早や、次の症状に移行し、


全身から、ザッと、冷や汗が、滴(したた)り落ちる。


力という力は、すべて抜け落ち、


最早、何をも、支えることは、できない。


尾篭(びろう)な話で、申し訳ないが、


下の筋肉、いや、神経が、まるで、制御できない。


このままでは、私の意志に反して、


体外に放出されてしまうかもしれない。


私は、有らん限りの力・・・


それも、おぼつかないのだが・・・


で、阻止すべく全神経を、その部分に集結させた。


だが、そんな事では、とても、収拾できそうもない。


ああ・・・どうか、私に救いの手を・・・


と、懇願した、まさに、その瞬間、


私の鼻と口には、酸素吸入器が、あてがわれたのである。


実に、極楽とは、この事であろうか。


一瞬にして、体中に、酸素が行き渡り、


ぎりぎりの所で、恥を露呈せずに、済んだのである。


その経験は、ひどく恐ろしく、


今も鮮明に記憶に刻み付けられている。


それ以来、私にとって、


歯医者へ行くという事は、決死の覚悟を要する。


今は、パニック障害も、相まって、


余計に、不安が、不安を駆り立てる。


とは言うものの、歯は、治さねばならない。


もうしばらく、この恐怖との戦いが続くのかと、


寒い思いを抱えている今日この頃である。



ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>



スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■無題

タイトルに釣られて読んじゃいました!またきますねー♪

2 ■いらっしゃいませー。

コメント、うれしいです。
また来てください。
お待ちしています。

3 ■直すより予防しなくっちゃ

歯医者と言えば、痛くなると駆けつける所という印象が強いですが、最近は、予防医学の進歩が著しく、良い医者は、定期的な点検を推奨します。私も定期的に歯医者に行きます。でも、歯医者にもいろいろありましてね。良い歯医者に出会うまで時間がかかる。あー、大変(^o^)。

4 ■ひょんちゃ~ん

寂しかったよー

まったく、仰せの通りでごぜますだ。
つくづく、身に沁みる・・・
いや、歯に沁み入るお言葉ですー

5 ■無題

歯は一生物ですから、大事にしましょう。私なんぞ、食事をしたら、すぐに、糸楊枝を使い、歯磨きしますですよ。だから、間食しようにも、面倒で(^o^)。

ところが、玄米食にしてから、玄米の繊維が歯間に入って、糸楊枝を切らしてしまいます。困ったものです。その糸楊枝が安ければいいのですが、結構な値段がするんですよね。あーあ。

6 ■へええ・・・

すごーい、マメなんだあ
糸楊枝、ね、確かに、
けっこうなお値段ですー

7 ■無題

私の元妻もゾンザイでして、歯が痛いのに我慢したりしていました。

8 ■だってえ・・・

歯医者って、嫌い~

9 ■無題

男の場合はチト違うような感じですね。看護士さんが女性の場合が多いから、それも美人の看護士さんがいる病院へは行きたくなりますね(^o^)。

10 ■あ、そうか!

私も、この前行った時、
すごーくイケメンの先生だったのー
そうしてみれば、
歯医者に行くのも、いいもんよねえ。

11 ■無題

女性もそういう事があるんですね(^o^)。

12 ■もちろん・・・

ありますよー
やっぱりねー

13 ■無題

遺伝子にそう書かれていますからね、当然ですね。私も、若い頃、困った経験があります。煩悩っていうんですかね、勉強に精出したいのに、やたら、そういう淫らな事が心に浮かんできてね。だから、今、糖尿病のお蔭で、そういう事に惑わされなくなり、喜んでいいやら悲しんでいいやら分かりません(^o^)。

14 ■無題

えっ?
糖尿病になると、そうなるの?

15 ■お久しぶりのコメントです

 マリーさん
 久々に日記が更新してあった~!お母さんの話の後、しばらく間があいてましたよね。
 歯医者さんには、苦い思い出があるんですね、、でも10数年も前の治療じゃぁ、痛くてトラウマにもなるでしょう。でも、今は結構違うんですよ~。ヒョンさんもおっしゃっているように、今は予防歯科の時代なのです!虫歯になりにくくするフッ素の塗布とか・・イケてる先生探しも兼ねて、定期的に行くといけるといいですね☆

16 ■はーい

そうそう・・・
近くにいい病院があってね。
先生は、イケメンだし、
カウンセリングみしてくれるし、
看護士さんも優しいし、
そこに通ってますー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/154-d1c636a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。