夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私以上にパニクる母



しばらく前から、

「しんどい、しんどい」と言っていた。

「じゃあ、病院に行こう。」

「いやあ、病院にやこう、行かんでもええ。」

(このあたり、岡山弁)

「行っといたほうがええよ。

 なんか、元気がねえし・・・」

「しょわあねえ・・・(世話はない)

 そのうち、ようなるじゃろう。」

などという会話を何度したことか。

母親の強情っぱりも、筋金いりである。

だいたい、昔から、

母はよほどのことがない限り、

病院へは行きたがらない。

限界まで我慢するのだ。

だからって?

エライの?

ひどくなるだけじゃん。

いままで、何度、ギリギリの状態で、

病院へ担ぎ込まれたことか!

この度も例外ではない。

まずは、近所の内科へ連れて行き、

取りあえず、薬を貰った。

「なんか、ようなったわぁ」

 とか、言っていたが、しばらく経つと、また、

「どうも、しんどい・・・」

などと、呟いている。

「なんか、友達が、S病院がええらしいよ、

 言うんじゃけど、どんなかなぁ」と、母。

S病院?

そりゃぁまた、遠い。

加えて、市街地を横断しなければならない。

あの~、私、一応、

パニック障害なんですけどー

スーパーで、買い物してても、

発作が起こるような状態なんですが~

それが、どうやって、

あの、ごみごみした慢性渋滞の街中を、

運転して、母を連れて行けばいいんでしょうか?

無理!

行くなら、T病院、

あそこなら、5分もあれば行けるし、

ちゃんとした総合病院だし・・・

と、母を説得する。

それじゃあ、すぐに連れて行ってくれと、

言うのかと、思いきや、ふんふんと頷くのみ。

まったく、もう、はっきりせえよ!

とかなんとか、やってる内に、また、3~4日過ぎた。

その日、私は、出かけていた。

母は、仕事場にいた。

(オーダーメイドの仕事を、今だ、細々と、自営している)

私の携帯が鳴った。

母からであった。

「しんどいんじゃ・・・ああ・・・

 はよう(早く)来てぇ・・・」

と、途切れ途切れの微かな声が聞こえる。

ええっ!?

そんな事言ったてぇ~

ここから、そこまで、2~30分かかるし~

私、今、具合悪くて、運転できそうにないし~

「ほんなら、救急車、呼んだげるから、

 待ちょうられぇ」

「救急車やこうイヤじゃー

あんたが来るまで、待っとく・・・」

ちょ、ちょ、ちょっとー

いい加減にしてほしい。

そりゃあ、確かに、何事かあったら、

携帯に電話するんよ、とは、言ったのだが・・・

だからって、いつなんどきでも、私が、

すぐさま駆け着けられるとでも、思ってんの?

私にだって、都合もあれば、事情もある。

仕方ない。

私は、出先から、救急車を依頼した。

しばらく経って、

搬送先の病院に、問い合わせてみると、

状態は落ち着いてきて、

タクシーで帰れそうだということなので、

その旨、看護士さんにお任せした。

母が、無事帰宅した後、私も遅れて、帰宅。

・・・するや否や、母の声が響いた。

「あんたは、もう!

 救急車やこう、呼んでからっ

 もう、店の前は、大勢人が集まってから、

 ぁ、もう、びっくりしてしもうて、  

 ふうもわりぃし(恥ずかしい)」

何だとーーーーーーーーーーーーーーーー?

あんたっ、自分の体より、世間体のほうが、大事なのっ!!

「もう、ええ、もう、あんたにゃ、電話せんからよう」

ああ、そうですか。

もう、どうにでも、お好きなように、

なさってくださいませ、お母上。



ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>




スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■面白かった

やっぱし、小説の才能あるね。

2 ■そう・・・?

楽しんでいただけて、うれしいですー

3 ■母親との関係が

変わったのかな?以前の昌子さんだったら、どうなんでしょう?

4 ■そうですね。

変わったと思います。
以前は、もっと、振り回されていたでしょうね。

5 ■やっぱりね

そういう風に生きてこれれば良かったのにね。「女王の教室」というドラマで、一人の教師が右往左往している様が描かれていて、私も昔そうだったな、って思いましたね。

6 ■そうだよね。

でも、できないのー
若い時って・・・
判断力も、知恵もないからー
ぐすん;;;

7 ■フリマ

のどれが昌子さんの出品品なの?

8 ■無題

*オフ・ロード*というブース内のすべてが、私の出品した物です。

9 ■そうなの

あまり商売上手じゃないですね(^o^)。

10 ■え?

なんで?

11 ■安物ばかり

だから(^o^)。

12 ■ふふふ・・・

安物しか、持ってないのよ

13 ■安物でも

値段を高くつけておけば高く売れる(^o^)。

14 ■んー・・・

そう?

15 ■所場代

取られるの?

16 ■オフ・ロード

いくつか写真を見ましたが、下手ですね(^o^)。私は出品する時は、赤のビロードを下に敷いて、写真を撮りますよ。それくらいしないと売れないですよ。買った人が使う身になって撮影しないと。三脚持ってないでしょう(^o^)。駄目駄目。三脚なしで良い写真は撮れない。

17 ■うん

持ってない
写真のせいなのかあ・・・

18 ■ああ・・・

うん、売り上げのXX%って感じ

19 ■ネットで

売るには、やはり、細部に渡る開示が必要。背景も大事。売り手が本気で売る気なのか、ディスプレイで分かる。

20 ■はあ・・・

んー、そうですかあ・・・
なるほどねえ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/151-3c3d6ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。