夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親の正体みたり (20)


弔いという儀式は、一体、何の為に、


誰の為に、あるものなのか?


通夜には、親戚一同が駆け付け、


ご近所からの弔問客が、引けも切らず、


一人一人に礼を述べ、故人の生前の話をし、


お茶を振る舞い、僧侶の読経を聞き、


その間中、祭壇の前に、座っていなければならない。


その間にも、いろいろなしきたりにのっとって、


喪主のやるべき事は、無数にある。


夜が更けても、線香を絶やさぬよう、守をし、


明ければ、告別式、焼き場への往復、


帰れば、最近の通例となっている初七日と、


遺族は、ゆっくりと、故人の顔を眺める余裕すらない。


生前のままの姿を、見られる最後の短い時間を、


儀式という名の雑事に忙殺されるのだ。


それを嘆いても、詮無き事。


父の溺愛した妹は、葬儀一切を終えるまで、


号泣し続けたのだから、父の魂も喜んでいることだろう。


私は、伏し目がちにしていただけであって、


実のところ、一滴の涙も出なかった。


思考能力は、著しく低下し、感情は凍りつき、


殊更、胸を去来するものもなく一日を過ごした。


数か月後に、車を運転中、突如として、


涙が溢れだし、止まらなくなるその時まで、


私の頭は、その機能を停止したままであった。





  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします~






スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1475-c2d4353c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。