夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親の正体見たり (19)


いよいよ、父の死期が近づいてくると、


今度は、家中の片付けを言い付けられた。


今でこそ、便利な葬祭ホールが繁盛しているが、


当時は、まだ、昔ながらの自宅葬が主流であった。


4LDKに7人が暮らす住まいは、


お世辞にも広いとは言えず、


隅々にまで、物が溢れ返っていた。


妹と私とで、丸3日程かけて、大片づけをした。


一番、散らかっていたのは、両親の部屋である。


母は、いわゆる、片付けられない女だった。


何でこんな物が、こんな所にと、意表を突かれる、


とんちんかんな散らかりようであった。


そうして、私たちが、覚悟を決め、


残り少ない日々を、惜しむように過ごした後、


その瞬間は訪れた。


ある晩、夕食の用意ができて、食べようとした時、


電話が鳴った。


「お父さんが・・・」という、母の声に、


遂にこの時が来たのかと、さすがに慌てて、


病院へ駆けつけたが、すでに、息を引き取った後だった。


「なんで、もっと早う来てくれんかったん!!!」


と、母は泣きじゃくり、取り乱していた。


私が、間に合おうが、合わまいが、父は逝くのだ。


母の次兄であるほうの伯父が、


生前、私に葬儀会社を紹介してくれていたので、


そこへ依頼の電話を入れると、


すぐに、搬送の手配をしてくれた。


解剖させてくれという医師の申し出を断り、


早々に、自宅へと連れ帰った。


とうとうこの時が来たんだなと、思うばかりで、


悲しみなどという感情は、湧いてこなかった。


この先の葬儀の煩雑さを思うと、


深いため息を禁じ得なかった。






  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします~






スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1474-a0114bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。