夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親の正体見たり (18)


父が事業を始めることに、母は猛反対だった。


自営業に向いていない人だと言っていた。


母の発言の中でも、この事だけは正解だったと言える。


夫婦間で、どのようなやり取りがあったかは、


定かではないが、おおよその見当は付く。


「不良を出さない」「納期に遅れない」


この二つを厳守してさえいれば、


仕事は、自ずと向こうからやって来るものだと、


父は豪語していたが、世間知らずもいいところである。


世の中、何事も、駆け引きなくして、


渡っていける程、甘いものではない。


また、利益を上げるべく、合理性を追求する為には、


余計な情も切らねばならない。


母の反対を押し切って、会社を立ち上げたものの、


いつまで経っても、役員報酬さえ得られぬ体たらくだ。


母が、父を責めたであろうことは、想像に難くない。


人を攻撃する際、相手に一番打撃を与えるであろう、


言葉を選別する能力は、天才的と言っていい母である。


父の心情や、如何に。


そんな経緯の後の父の発病は、


おそらく大いなるストレスの産物であろう。


これには、母も心中穏やかならぬものがあったらしく、


もはや手遅れと宣告された病人に、


何とか手を尽くして欲しいと、医師に懇願し、


抗がん剤の投与、放射線治療を、強行したのであった。


父は、見る間にやせ細り、髪は抜け落ち、


見るも痛々しい姿に変貌していった。


母は、泊まり込んで、甲斐甲斐しく世話を焼いたが、


今更の感は否めず、胸の痛む光景であった。


父も可哀想ではあるが、先年、借金返済に、


母が深夜まで働いていたのを尻目に、


自分は、勤めが終わると、詩吟だのフランス語だの、


自作の小説を同人誌に載せるだのと、


趣味にうつつを抜かしていたツケが来たとも言えよう。


いよいよ、父は見動きすら、自力ではできず、


痛み止めを投与され、寝たきりとなっていった。


医師にも、これ以上の治療は無駄と宣告され、


母は、それならばと、一晩、自宅へ連れ戻すという、


これまた、意表を突く行動に出た。


元より、言葉を失ってしまった父には、


意見を差し挟むことすらできず、


ただ、母の無謀な独断に従う他なかった。


かくして、一時帰宅が決定し、


階下に、父の居場所を作らねばならなくなった。


またしても、私の出番である。


母の店にしまい込んであった、


鉄製の古い重いベッドを、持ち帰り、


組み立てるまで、丸一日がかりで、奮闘した。


果たして、父は搬送用の車に乗せられ、


点滴をしたまま、懐かしい我が家へと辿り着いた。


母は、自責の念に耐え切れず、


出来得る限りのことしようとしたのであろう。


しかし、時すでに遅しである。


かつて、自ら手入れした庭を眺め、涙する父に、


何もしてあげられないジレンマに苦しめられた。







  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします~






スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1473-fdaec07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。