夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親の正体見たり (16)


そうして、父と母、夫と私双方とも、


夫婦間の亀裂が大きくなっていった。


父は、なるほど、懸命に働いてはいたが、


人のいいのも馬鹿の内の例え通り、


従業員に舐められていた。


出せもしない高額の賃金を要求され、


それを、はねつけることさえもできない。


仕事のミスを叱ることもできない。


情けない経営者であった。


母は、そんな不甲斐ない父に業を煮やし、


離婚したいとまで、言い出す始末だった。


私たち夫婦はというと、


フルタイムで働けという夫に、


それは無理だということを、切々と訴えるも、


埒が明かず、両親にばかり従うとなじられ、


いくら話しても、気持ちは通じ合えないままだった。


その内、父の体に異変が起きた。


食欲が落ち、背中に痛みを感じ始めたのだが、


忙しさにかまけ、精密検査も受けないでいたところ、


ある日、突然、声が出なくなった。


さすがに父も慌てて、総合病院へと急いだ。


数日後、病院から母へ呼び出しがかかり、


母は、私を伴って、主治医に面会した。


「ご主人は、肺がんの末期ですね。


脳にも転移していますので、手術をしても、


もう、手遅れです。


声が出なくなったのは、両肺の間の部分に、


がん細胞ができたせいです。」


私たちは、あまりのことに茫然自失。


一体、何をどうすればいいのか、


まったく見当さえつかない有様だった。


この先、我が家はどうなってしまうのか、


とにかく、夫に電話しなければ・・・


と、それしか、思い浮かばなかった。





  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします~



スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1471-a5f83c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。