夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な一言


パニック障害と不安障害を発症して、


11年が過ぎた。


発病前、実母と夫から、


二重の精神的虐待を受け、


絶望と過労の極限状態にあった私は、


今に至るまで、気付かずにきてしまった。


母との関係は、


家族にも、隠しおおせてきていたが、


夫は、子供の前であろうと、お構いなしに、


私をあざけり、罵倒し、隷属させていた。


その苦しみを、一番心配してくれていたのは、


他ならぬ、息子だった。


幼い頃から、夫婦の修羅場を、


幾度となく、見せつけられて育った息子。


どんな思いでいたのかさえ、


ただただ苦しみと闘っていた私には、


想像してみる余裕もなかったのだ。


母が呆け、


グループホームのお世話になり、


夫との確執を解決すべく、


意を決して、全面対決を果たし、


ようやくのこと、夫から、私への理解を、


引き出すことに成功してからは、


夫の変化は、お見事という他なく、


今では、百点満点以上の、


頼もしい存在になってくれている。


先日、庭へ出ていたところ、


「おい、おい」と、


やかましく呼ぶ夫の声がする。


なんだろう・・・?


と、行ってみると、夫の傍らには、


二階にいたはずの息子が立っている。


今では、怒ることもなくなった夫であるが、


息子にしてみれば、


またお母さんが叱られると、


心配して、駆けつけてくれたものらしい。


その息子の気持ちを、知って、


今更ながら、涙する思いだ。


ああ・・・なんという・・・やさしい息子。


長きに渡り、こんな風に、


いつも、私のことを気遣ってくれていたのか・・・


頭を殴られたような衝撃とは、


まさに、このことであろう。


自分のことで、いっぱいで、


息子の気持ちにまで、思い至らなかった自分を、


なんと情けない母親かと、何度も叱った。


やっと、誰の束縛も、命令もなく、


生きられるようになった今の状況を、


息子に話していなかったことを、悔いた。


なかなかに、男の子というものは話しづらいもので、


思い立っても、いざとなると口が開かない。


何日も、何度も、咀嚼を繰り返したあげく、


やっと、その一言を発した。


「今まで、お母さんの事、


心配してくれとったんじゃろう?


もう、お父さんは、怒らんようになったから、


大丈夫じゃからな・・・」


「え・・・そうなん?」


と、一言、返して、


そのまま、二階へと、消えて行った。


あーーー、言いたいことがありすぎて、


頭の中が、ぐるぐる回っている。


もっと、もっと、


感謝の気持ちを伝えたかったのに・・・


母を苛める父を憎んでいた、


いや、憎まざるを得なかった息子の心の重荷を、


これで解放してあげられたのだろうか?


もう、母のことは、気にせず、


自分の人生を、思うがまま、生きて欲しい。


息子、27歳。


今まで、本当にありがとう。


あなたがいたから、


ここまで生きてこられたのよ。


ううううう;;;;;


私の人生、捨てたもんじゃないね。





  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。

スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■無題

お久しぶりです♪昌子たんの気持ちも、息子さんの気持ちもよくわかるなぁ…。

涙がとまらないよぉー

病気から学ぶ事、たくさんあるって最近になって気づきました

2 ■そうですね

捨てたものではないですよね


人生は、もとが取れるようにできている。


朝の連ドラで言っていたのを思い出しました。

3 ■Re:無題

>不二子さん

ウンウン・・・うるうる;;;
泣きましたよ;;;

病気になって、
人生の裏側が、見えるようになったな・・・
難有って、有難し・・・だな^^

4 ■Re:そうですね

>喜六さん

そうですね・・・本当に・・・

今は、苦労してきて、よかったと、
思えるようになりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1447-f6347c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。