夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターニング・ポイント


どうしても乗り越えなければならないものに、


出会うことが、長い人生の中に、幾度かある。


できれば、それを回避し、


楽な道を歩きたいと、思うのは、人の常だが、


恐れと不安に、おびえつつも、


もはやそれ以外には、道がない。


後にも先にも、それを越えていく道しか、選べない。


その時、しばし、人は、立ちすくんでしまう。


そこに留まっていても、時間の無駄とは、


重々承知しているのだが、決心がつかない。


そうこうしているうちに、


自分をとりまく状況は、いよいよひっ迫し、


運命という抗い難い力に、追い詰められていく。


顔面は蒼白になり、体は小刻みに震えている。


こういう場面に、私も何度となく遭遇してきた。


小心者であるがゆえ、なかなか、


始めの一歩が、踏み出せない。


たじろいでいる内に、後ろから、


追い風に背中を、思いっきり押されてしまう。


その瞬間に、腹が座るのだ。


「何が起きても、命までは取られやしないだろう。」


そして、目をつぶって、


清水の舞台から、飛び降りる次第である。


事が終ってみると、(あに)(はか)らんや、


案ずるより産むが易しである。


まるで、度胸試しをされた感じだ。


まあ、そんことを、何度も繰り返して、


私の人生は、ようやくここまで、辿り着いたのだ。


顧みすれば、遥か、来し方・・・




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。







スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■もう少し大きな目標を

探してみたらいかがでしょうか?

障害者同士で個人的に問題を解決しようとしてもやはり限界がありますから、むしろ、政治を変える方向で団結するのが、私は、いいと思います。

障害者は、確かに、先天的な部分もあるのですが、それは、その個人や生んでくれた親に責任はありません。問題は、人間は、障害を持つものなのです。全ての人間が何らかの障害を持っていますから、社会全体として、それらを支援する体制を作る必要があると思います。

コメントがないので、一言(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1365-f6d67590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。