夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A型インフルエンザ



年末に、熱が出た。

除夜の鐘の如く、頭が、ガンガン鳴っている。

平衡感覚も、奪われ、トイレに立つのも、一苦労。

手足の節々は、ギシギシと、痛みを発している。

我慢の限界を悟り、夫に頼んで、

深夜、救急外来へ向かった。

熱を計り、鼻の粘膜を採取され、

レントゲンを撮られ、心電図も撮られた。

皮肉なことに、抗鬱剤も、安定剤も、切らしてしまっていた。

精神科に、行かなくちゃと思っていた矢先だった。

熱は、8度2分あり、A型インフルエンザと診断された。

私は、いったい、どれがインフルエンザの症状やら、

パニック障害の症状やら、皆目わからなくなっていた。

とにかく、苦しい。

点滴ぐらいしてもらえるかと、思いきや、

薬をくれただけだった。

家に帰り着き、即、薬を、流し込み、

布団に潜り込むなり、動けなくなってしまった



ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>


スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■点滴って

点滴って効き目があるんでしょうか?薬と同じだと思うけど(^o^)。

2 ■う~む・・・

さあて、どうでしょう。
まあ、熱が出てる時って、
脱水症状になりやすい感じなので、
気休めかもしれませんが、
なんか、楽になりそうに思えます。
パニック発作のひどい時にも、
よく点滴をしてもらっていました。

3 ■点滴依存症?

点滴が一般的だから、という事ではないでしょうか。

何か、治療している感じがして(笑)。

以前近藤医師の著作を読んでいて、癌患者の大半が点滴漬けで、そのせいで、内臓が水浸しになっているとか聞きました。

近藤医師は点滴を止めて食べられる人には食べてもらうほうが体力がつくと言っていました。

4 ■なるほど・・・

そうかもしれませんね。
シロウトは、点滴で、なんでも、
救われるような気がしてるだけかも・・・

5 ■遠くに見える

この静かな画面に向かっていると、なんだか、異次元の世界で、交信しているみたいな気がしますね(笑)。

点滴は、必要があればするべきだけど、あれで治療をやっていると思わせるだけの事なら、やらないほうがいいと思います。だって、寝返りも打てないし、窮屈ですからね(笑)。

私の場合は、下半身麻酔が効いていましたので、内臓が動かなかったんですよね。だから、点滴で、水分を取る必要があった。看護師は何も教えてくれないから、聞いてやっと分かったです。

6 ■そうですか。

よくわかりました。
考えを改めましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/120-a4296ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。