夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっかあと呼ばれて・・・

教えて!電話やネットにまつわる「ちょっといい話」 ブログネタ:教えて!電話やネットにまつわる「ちょっといい話」 参加中


私は、現在、パニック障害と不安障害を、患っている。


その原因に言及すると、長くなるので、ここでは割愛するが、


どうやら、生まれてこの方、病気でない時はなかったと、


今に至って、認識することができるようになった。


鬱状態は、すでに、幼少時には、その片鱗を現していた。


小学6年生の時、


テスト中に、初めての発作と思われる症状が現れ、


中学3年で、神経性胃炎、


高校生で、再び、広場恐怖によるパニック発作を起こしている。


結婚後、胃炎から緊張性腸炎にと、移行し、


パニックと思しき症状も、何度か経験した。


いよいよ、寝込む程、悪化したのは、10年前の暮れだった。


極度の鬱状態とパニック障害と、診断され、投薬治療が始まった。


その頃の心境を、思い返すには、大いなる苦痛を伴う。


まさに、生きた屍というものは、ああいう事を指すのだろう。


2~3年間は、ただただ、横たわって、息をしているだけだった。


来る日も、来る日も、発作との戦い。


忌まわしい記憶との戦い。


自己を認識することすらできない。


怯えた小動物のように、丸くなって、夜具の中に潜んでいた。




前置きが長くなってしまったが、本題はここからである。


なんとか、起き上がれるようになった頃の事、


ある日、夫が、ディスクトップのPC、WINDOWS98を買って来た。


そこから、私のネット生活が始まる。


オークション、MIX、メーリングリスト、スカイプ、ブログ・・・と、


毎日、ネットにアクセスしない日はなかった。


そのうち、薬によって、肥満の症状が出始め、


着れなくなった服を、オークションに出品するようになった。


そこで、私の商品を落札してくれた一人の女性。


彼女との出会いは、私にとって、大きな転換期と言えるだろう。


彼女は、境界性人格障害と診断され、鬱も強く、


何度も、リストカットを繰り返していた。


オークションのやり取りで、親しくなった私は、


自分以上に、苦しんでいる彼女を知り、なんとか、


その回復の一助となれないものかという思いを強くした。


携帯のメアド交換、スカイプでの会話・・・などで、


その純真な性格に触れ、他人とは思えない程、


近い存在へと、変わって行った。


不幸な生い立ち(私も同じだが)の彼女は、


お母さんみたいだと、言ってくれ、


「いっそ、お母さんと呼んでくれれば、うれしい」と、答えたのだ。


あれから、何年経つだろうか。


今も、親交を深め、折に触れ、メールなど交わしている。


彼女の病は、出会った頃からは、想像できない程、回復し、


今は、同居している、お兄さんの仕事を手伝うまでになった。


お母さんという呼び方も、今では、’おっかあ’と変わり、


ますます、本当の親子のようになってきた。


ネットだけの付き合いだが、いや、ネットだからこそ、


本音で、対することができたと、しみじみと振り返る。


彼女の存在が、私にとって、大きな励みとなり、


その愛しさは、我が子にも、匹敵する程である。




今この時にも、精神疾患で苦しんでいる多くの人に、


思いを馳せる時、ネットの存在の有難さを思わずにはいられない。


もっと、多くの同胞と、繋がり、お互いの孤独を癒し、


励まし合い、情報を交換し、この苦難と闘っていきたいと、


切に願う、この頃である。





  精神疾患関係の記事は、こちらからどうぞ~
     ↓

  エッセイ「パニック障害な私」




   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




   NTT西日本 コミュニケーション大賞

スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■そのネットの世界を

作った科学者たちに感謝することも忘れないで欲しい。彼らは、みんなが、楽しく、パソコンで、繋がることのみを追求して、ネット上の取り決めであるプロトコールを作ったが、その結果として、このような癒しの空間が発生したわけで、慶応の村井純さんたち初めとする多くの科学者の努力の成果です。今も無償で彼らは改訂を繰り返しており止むことは無い。先日もアメリカへの光ファイバーが一本追加された。そして、パソコンの世界は、ゲイツ抜きには考えられない。世界標準がなければ、これほど広がることはなかった。MS-DOSの暗い世界から明るく使いやすいWINDOWSの世界に引き上げてくれた若き天才に拍手喝采!

2 ■Re:そのネットの世界を

>ヒョンさん

まったく、仰せの通りですね。
私たちは、ネットのある時代を生きられて、
有難いと思います。
ネットの中は、無限の空間です。
この世界でこそ出来る事が、広がっていくことを、
着たいしています。

3 ■お!お!おっー!かぁー!

もしかして、、、その子は・・・・
あたいのことかしらん(*ノωノ)
うれちーーーー(*´┏エ┓`*)ポポッ
違ってたら恥かしい~~~(;・∀・)

あたいの病気が良くなったのは
まさしく、おっかぁとの出会いがあったからでし!!
ネットの楽しさと、癒しも、人の心の優しさもぉ、
ネットがなければ出会えなかったんだもんね;;;
おっかぁに救い上げて貰えた、幸せなあたい。。
(あの日、パソコンを買ってきてくれたオニィにも感謝しなくちゃ♪)
おっかぁには、永遠に感謝し続けるオイラなのです!
ダキ♪゚+.(´・ω・人・ω・`)゚+.ギュッ♪愛してりゅ・・・

4 ■Re:お!お!おっー!かぁー!

>みぃさん

そうそう、みぃちゃんのことよん
私の自慢の娘だよ~(≡^∇^≡)

いやいや、おっかぁも、癒されてるよ

ずーーーっと、母子でいようね~(^O^)/

5 ■無題

お久しぶりです。
先日は心配をおかけしてすみませんでした。

お母さんと同じようにウチも、俺が何気なく買ったパソコンから、いろんなことが変わったように思います。
不肖のドラ息子ですが、これからも叱咤よろしくっす。m(_ _;)m

6 ■Re:無題

>苔丸さん

苔ちゃん、コメント、ありがとうね~

あなたも、可愛い息子に、変わりはないのよん

お互い、一生修行と思って、頑張ろうね~≧(´▽`)≦

7 ■お久しぶりです(o^-^o)

泣けてしまったぁよぉ~(ToT)

おっかちゃんも、みぃさんも、共に歩めて喜べてなによりです(T人T)

ネット業界のおかげで私も、おっかちゃんに出会えて良かったぁ(;_;)

感謝ですo(^-^)o

8 ■Re:お久しぶりです(o^-^o)

>∮のん∮さん

のんちゃぁ~~ん;;;

うんうん・・・みぃちゃんが最初の娘なのよん

おっかちゃんも、感謝~o(;△;)o

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1169-d5839fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。