夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院の日

 

11月6日、自宅→バス→電車→徒歩→病院→徒歩→電車→バス→自宅

という行程で、行って来た。

カウンセラーの先生とも、今や、もう友達のよう。

きゃらきゃらと笑い、和気あいあいで、歓談。

なにせ、私には、なぁんにも、悩みがないのだから・・・

母の様子も、冗談めかして、話せる程、らく~~~になった。

診察は、あっという間に、終わってしまった。

「メイラックスを、半分に減らしましょう。」

おおっ!!!

やっと、薬が減る!!!

ん~~~~~、感無量!!!

帰りのバスの中で、うっかり、居眠りしてしまいそうなくらい、

緩和している神経。

しか~し、体は、相も変わらず、重い。

この体を、運ぶということは、実に疲れる。

まあ~、それは、体力の問題であるからして、

早晩、解決していくだろう事は、明らかである。

やっと、前向きと言える所まで、こぎ着けた。








   精神疾患関係の記事は、こちらからどうぞ~
      ↓
   エッセイ「パニック障害な私」

   

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。


スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■薬

のせいで、体が重いのかもしれないよ。

私が札幌で最初に出会った精神科医は、私の訴えのまま、薬をどんどん増やしていって、それで、私は、死にそうになったんですよ(笑)。だから、彼のお蔭で、私は、蘇ったのですが、反対に、もう少しで殺されるところだったわけです。

私は、医者を信用しません。

2 ■Re:薬

>ヒョンさん

うんうん、そうだと思う。
薬のせいで、便秘、肥満、ふらつき、など・・・
今の主治医は、かなり前向きな感じです。
少しずつ、薬を減らす方針です。
このお医者さんは、信用しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1162-059af7b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。