夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊厳

あなたの「守りぬくもの」教えて! ブログネタ:あなたの「守りぬくもの」教えて! 参加中
本文はここから


まずは、我が子。

そして、自分自身の尊厳。

・・・という事になろうかと思う。



子供を産んだからには、責任がある。

その子供を、一生、見守っていくという責務。

しかし、病を得て、この歳になってしまった今では、

子供に護られている立場になってしまったようだ。

娘は、遠く離れているが、いつも、私の身を案じてくれている。

息子は、同居しているので、何くれとなく気遣ってくれている。



親の目からは、子供の心は、もうひとつ、掴みづらい感があるが、

子供の方は、結構正確に、親というものを把握できるようだ。

幼い頃から、身近で観察してきたのだから、

必然的にそうなっていくのも、当たり前だ。

私にしても、母のことは、見通せるが、

母は、私のことなど、何一つ理解していなかった。

また、解ろうともしなかった。



親の心、子知らず・・・と言われるが、実は、真反対のように思われる。

子供は、どんなにひどく傷付けられようと、親を嫌いにはなれない。

大人は、たかが子供と舐めてかかっていると、

とんでもないしっぺ返しに見舞われることになる。

子供は、すべて覚えている。

大人が、自分にどう相対してきたか。

無力な子供と侮って、感情に任せ、虐待などしようものなら、

一部始終を、鮮明に記憶し、成長した暁には、

それらの行為が何だったのか、客観的に分析することができる。

子供の人格を無視していたと・・・

自分の尊厳を汚されてきたと・・・

加害者を憎み、恨み、蔑み、憐れむ。

親の方は、若い頃には感じなかった罪悪感に圧迫され始める。

かくして、今や立派な大人となった我が子に、

老いさらばえ、自由を失い、縋り付きたいが縋り付けない結末となる。



今、この瞬間にも、虐待している親がいたなら、

その子供が、もし自分自身であったらと、想像してみるべきであろう。

虐待は連鎖すると言われるが、断ち切る姿勢を持たなければ、

未来永劫、地獄は続いていくのである。



自分自身の尊厳というものは、人間である為の必要不可欠な要素である。

というか、根源であろう。

これなくして、何ぞ、人と成り得べくものか?

ただ一つの例外は、我が子に危険が迫った時。

我が子の為にだけなら、自分の尊厳を捨てても構わない。

子供の尊厳と引き換えにするなら、

犯されようが、殺されようが、本望である。



・・・などと、立派な講釈を垂れてみたが、

ご賛同頂ける方が多いのではないかと、期待を持っている。

ご意見、ご忠告、ご批判などなど、頂ければ幸いに思いまする。m(_ _ )m



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。




アマルフィ Amebaタイアップ
女神のデートプラン ジェネレーター
script_AF55,http://stat100.ameba.jp/blog/js/apmse_001.js?t_e1=c0013&t_e2=i14&t_e3=f0000
アマルフィ Amebaタイアップ
女神のデートプラン ジェネレーター
アマルフィ 女神の報酬 公式サイト
スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■産む前に

育てきる覚悟があるか否か十分考える必要がある。覚悟がなくても子供は出来るがその場合には死んでもらうしかない。避妊に100%はないし、強姦され妊娠した場合に憎い相手の子供を産めるはずはない。私の場合も結婚してすぐに子供が出来てしまったが、下ろしてもらった。夫婦共々子供どころではなかった。だから、その子供には大変申し訳ないと今でも思っているし、子供を産みたいと思って育て始めて、案外簡単なことに思えて、そして、楽しいなと思って、もっと産みたいと思ったが、元妻に断られ、断念した。子供は、産みたいとさえ思えば何人でもなんとかなるものである。部屋が狭くてもなんとかなる(笑)。私は他人の,子供には興味はないが、自分の子供には興味がある。大きくなってしまうと興味はないが、自分を頼ってくれる子供には自分を分けて上げたい気持になる。この気持は、子育ての中で、自分の人生を一部分捨てなくてはならなかった強烈な苦痛と隣り合わせの快感であった。そして、その苦痛の中で私は大学院へ進学し彼らを邪魔に思った(笑)。

2 ■すごいなあ!

母はかくも強し、っていう見本だあ!!

3 ■Re:産む前に

>ヒョンさん

うふふ^^(‐^▽^‐)
ヒョンちゃんは、人間味のあるお父さんだよね~

4 ■Re:すごいなあ!

>さらさん

産むまでは、ちゃんと育てられるか、不安だったけど、
案ずるより産むが易しの言葉通り、母性全開だったわん ≧(´▽`)≦

5 ■おかあさーん!

おかあさん、ご無沙汰してます。

おかあさんのこの言葉、まさに本質だと思います。
子は親を選べないけど、よっぽどじゃない限り、子は親を真から憎みきれない。
最近、頻繁に若い親が子を怒鳴るシーンをリアルに見たりするけど、この人たちはみんな虐待を受けてたのかなあ・・?
連鎖とかではなく、いろんなストレスから子に愛情を持てない親が増えてきてる感じがします。
今の日本って、未曾有のストレス大国なのかなって気がします・・。

おかあさんが貼ったユーミンの「真夏の夜の夢」、久々に聴いて、ブログのネタに使わせてもらうっす。ヽ(=´▽`=)ノ

6 ■おっかぁ;;

おっかぁは、子の立場、親の立場の両方があるよね。。
だからこそ、子の気持ちも親としての気持ちも解るんだぁ。。
おっかぁの言葉が綺麗事じゃなく、身をもって絞り出したものだからこそ、
説得力があるんだぁ。。

虐待の連鎖だから仕方ない、じゃなく、
断ち切る姿勢を持つ。。。
この言葉がすべてだよね!!
本当に、あたし、おっかぁを尊敬してます。。。
おっかぁ、より、おっかぁ殿だすーー!!

PS、あたしもヒョンさんは良いお父さんだと思いました(〃▽〃)

7 ■Re:おかあさーん!

>苔丸さん

うんうん;;;
ありがとう~~~o(〃^▽^〃)o

そうそ、ストレスを、昇華できない大人が、
子供をはけ口にしてるのかも・・・
まぁ、私の母も、そうだったしねぇ~( ̄_ ̄ i)
自己完結できないんだろうな・・・
そして、身近な弱者に当たる。
世も末じゃ~(-_-メ

おおっ!
どぞどぞ、使っておくれやんしゃ~
って、どこの言葉よ?(^▽^;)

8 ■Re:おっかぁ;;

>みぃさん

おっかぁ殿?・・・(///∇//)

もっと、相手のことを、いたわれる人間が、
増えたらいいのにね~
どんな人間関係でも、言えることだと思うよ~
イジメの根っこも、おんなじっしょ?((o(-゛-;)

そうそ、ヒョンちゃんは、ちょい、変わってるけど、
愛のある人っす!(*^▽^*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1032-58f43d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。