夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯


洗濯物と、格闘している。


その昔・・・


子供を育てていた頃・・・


父が健在だった頃・・・


妹がいた頃・・・


7人分の洗濯をしていた頃・・・


毎日、大型洗濯機を、2回まわしていた。


それを干し、取り込み、畳む。


男には・・・もとい、古いタイプの男には解らないだろうが、


家事は重労働だ。


食事も、洗濯も、掃除も、その他諸々の雑用も、


自分がくつろいで、ビールなんぞ飲んでいる間に、


そう・・・時が流れさえすれば、


為されているのが当たり前だと、思っている。


それが、日常生活の最低必要条件であり、


ことさらに意識したりすることなどありはしない。


主婦が、いなくならない限り・・・


そして、そのまま年老いて、男は仕事から退き、


ただの無能な存在となり果てる。


妻がいなければ、何もできず、何も分からない。


特に、仕事が趣味というような輩は、何もすることがない。


女は、いつまで経っても、報われない主婦を続け、


自由に出掛けることさえできない。


近年、離活という言葉をよく耳にするが、


女を家政婦としか、扱ってこなかった夫たちは、


用意周到な妻の反乱に、足元をすくわれるのだ。




そんな型通りの夫婦にならなくて、よかった。


夫は、一通りの家事は、こなせるようになった。


私が出掛けることさえ、元気になったと、喜んでくれる。


なんという幸せであろうか。


ようやく甦りつつある私の中の主婦が、


少々、焦っているのだが、それは、致し方ない。


気長に見守ってやろうと思う。


今日は、息子が洗ってくれていたタオル類を、洗濯機から取り出し、


母の部屋から出てきた、清濁不明瞭な大量の衣類を洗った。


それらを、休み休み、干し終えて、汗まみれになったのだが、


洗濯できたという爽快感も味わえた。


今度は、これを整理しなければならない。


しかし、私は、もう焦らない。


できない、という事は、悪ではない。


病なのだから・・・




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。



スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■洗濯

は大変でしたね(笑)。おしめが取れるまで大変でしたし、風邪を引くと、ミルクを吐いて、その中に胃酸が入っていて臭いでしょう?だから、洗濯ばかりしてましたね。でも、子供が生まれて、ハイハイしだして、部屋の中が危険なことが分かって、一気に整理が進みましたね(笑)。炬燵布団を無くしてしまったのも当時からでしたね。あれは危ないです。本当は、だから、床暖房が理想なんですが、私は、今使っている強制排気式のストーブにしました。これだったら子供が火傷することは絶対にないし、部屋を換気する必要もない。10,000円の市営住宅のアチコチを埋めて風が入らないようにしましたね。風呂も100万円かけて導入して、いつでも入れるようにしました。なかなか快適でしたね。

2 ■それでいいのだ(・∀・)v

おっかちゃん、お疲れ様(o^-^o)

そう、仕事だけして主婦業には我関せず…旦那さんは絶対女性を讃えるべきだと思う!!

家のお母さんも共働きだけど、ちゃんと主婦やってる。
そのかわり、料理とかに少しでもケチつけられたら、本気でキレる(^_^;)

でもお母さんの気持ちわかる。やっぱり大変だから。

私の旦那さんは家事をとても協力してくれて感謝してます☆

おっかちゃんも息子さんや旦那さんに少しでも支えられている環境になれて良かったです(o^-^o)

3 ■Re:洗濯

>ヒョンさん

ヒョンちゃんは、すごくいいお父さんだよね~

なんか・・・ほのぼの・・・(^~^)

4 ■Re:それでいいのだ(・∀・)v

>∮のん∮さん

そうよね~
家事って、大変。

のんちゃんも、私も、恵まれてるね~
感謝、感謝!o(〃^▽^〃)o

5 ■ぼちぼちと

やっていけば 大丈夫だよね。その調子で病気なんて吹き飛ばせられるよ!!

6 ■Re:ぼちぼちと

>さらさん

うんうん、ぼちぼちね~(°∀°)b

そう、心の闇は、もう去ったから、大丈夫よん

7 ■ササです

ブログへのコメント、ありがとうございました。感謝です。励まされています。

8 ■Re:ササです

>ササ  モンゴロイドさん

いえいえ~
いつも、楽しみに拝見しています。

9 ■Re:Re:洗濯

>昌子さん

当時は共稼ぎでしたからお金があったんですね。それで市営住宅に風呂を設置していつでもシャワーが使えるようにしましたら、子供が、おしっこをしたりうんちをしたりした時、お尻を洗ってやると、肌を痛めないので機嫌がよかったですね。もちろん、いちいち洗うわけですから、親は大変でしたけどね(笑)。スウィッチ一つで風呂が沸きますし、お湯も出てきましたから、本当に楽でしたね。私は子供と一緒に風呂に入るのは嫌でしたが、元妻はいつも一緒に入っていましたね。3人で楽しそうでした。服を着せるのは私の役目でね。子供のお蔭で私の生活も整理されて本当に感謝するばかりなんですが、世の中の親共は、どうも、産んでやった、などと、偉そうで、子供達が可哀相ですね。家に居場所がなくて病院にいるのが一番安心出来るから、わざとリスカしたりオーバードーズしたりするんですってね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1023-cc330dbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。