夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立支援医療受給者証(精神通院)


自立支援医療受給者証の期限が、6月30日と迫っていた。


この制度とも、長い付き合いになったものだ。


初めて、発作というものを、経験してから、8年・・・かな?


9年・・・かも?


極度の鬱状態+パニック障害と診断されたものの、


その病名を耳にしたことさえない。


なんなんだろう、パニック障害って・・・?


まずは、自分の病気を知ることから始まった。


しかし、精神疾患というものは、なかなかに、理解し難いものである。


また、精神科の医師というものも、千差万別である。


今でこそ、精神疾患というものが、日常会話にも、出てくるようになったが、


当時は、心療科、精神科の門をくぐるということは、


最早、まともな人間ではないという烙印を押されたようなものだった。


そういう偏見は、未だに完全には、払拭されてはいない。


このことが、治療を遅らせる一因となっていることは、明白である。


医師の病気に対する認識も、どこまで正確なのか、


これまた、疑わしい限りである。


気力を奪われた状態の患者が、


これらことを、冷静に判断することにも、かなり無理がある。


残された救いは、家族の理解ということになるのだが、


それこそが、一番困難を極めるのだった。


自分で病状を説明し難い本人は、ただただ、歯がゆい思いを抱えて、


余計な不安を、背負い込むハメになる。


理想的な方法は、親または、配偶者が、診察の度に同席することだろう。


理解していようが、いまいが、とにかく、毎回付いて行く。


そして、疑問な点は、必ず、質問することだ。


患者本人は、質問しようにも、何を聞いていいのかさえ、


皆目、解らないのが、普通なのだから・・・


私にとっても、夫がそれまでの認識を変えてくれたことが、転機だった。


それまで、しばしば、仮病と疑うような怪訝な態度だったのだが、


全面的に、理解しようとする姿勢に変わってくれたのだった。


今の主治医になってから、私の病名が、正確には、


パニック障害と、不安障害であることが、解った。


この医師から、前向きな治療を施してもらったお陰で、


画期的な回復を見た私は、ここまでの過程を振り返り、


ずいぶんと回り道をしてきたと、思わずにはいられない。


もっともっと、この種の疾患に対して、深く理解してもらえることを、


祈ってやまない、今日この頃である。


・・・という訳で、自立支援医療受給者証の更新に、行って来た。


しかし、いつも、ギリギリになるのは、何故だろう・・・?




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

コメント

1 ■それは

この制度が障害者の自立を損なうために作られた制度だからです(笑)。

障害者の自立を支援するというのなら無料にして当然である。各種の公的機関が主催する文化的行事への参加も然りである。交通費の支給も不可欠である。

作業所まで、視聴覚及び身体障害者が、どうやって行くか。札幌市は今まで何十年も積み重ねてきた補助制度を廃止しようとしている。障害者は家に居ろ!ということなんです。見苦しいから外には出るな!

しかし、仰っているように、障害者自身が、憲法に保障された権利意識を持ち、上田を再選させなくする覚悟で運動を展開しない限り、勝ち目はない。障害者に酷な冷たい社会である。

だから、私は、一人でも闘う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumenokakera1957.blog.fc2.com/tb.php/1006-d9d7d319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。