夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2010-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再誕


ほわぁ~~~~~ん ( ̄* ̄ )




あーーーーーー (。-人-。)




放心・・・状態・・・ (@ ̄ρ ̄@)zzzz




私は、今、生まれたような気がする。 (?_?)




おぎゃあーーーーー!!!!! o(〃^▽^〃)o

 




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。





スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

母の幸せ


全くもって、驚異的な働きをしたものだ。


この私が・・・


母が入院した日の翌日、


まずは、市の保健センターへ、


高額医療費の自動還付手続き、


100均で、必要な品物を買い足し、


いざ、総社市へと思いきや、


夫は、なーんかよく寝てる;;;


まあ、じゃあ、明日、乗せて行ってもらおうと、


思いきや・・・なーんか、ご機嫌斜め;;;


おやおや、一体、どーしたの???


取り敢えず、近くの郵便局で、


母の通帳を、新しくしてもらい、


還付申請の用紙に、書き込み、捺印し、投函、


帰宅するも、夫の様子は、相変わらずだ。


んーーーーーむ・・・


ちょっと、甘え過ぎなのかも・・・と、


意を決して、一人で出かけることにした。


昔はあったバス路線が、今はもうない。


運転して行くより他に、手はない。


市役所の出先機関で、住民票をもらい、


いざ、総社市へ・・・


まあ、ゆるゆる走っても、30分くらいだ。


コンビニで、無糖の缶珈琲を飲み干し、


久しぶりに、長い距離を運転した。


戸籍謄本4通と、私の身分証明書。


これは、経済的に破綻していないということを、


証明してくれる物らしい。


一旦、帰宅し、以前の施設に出す書類も用意し、


ついでに、提出して済ませた。


そして、病院へ、やっとこさ、辿り着いた。


書類は、欠けたることもなく、受理され、


そのまま、面会を申し込んだ。


精神病院なので、勝手に病棟へは入れない。


各フロアごとに、施錠してある。


面会申込書を受け付けに出せば、案内してくれる。


母は、すでに、面会室に連れてきてもらって、


私の到着を、待ち受けていた。


「入院当夜は、寝付けなかったようですが、


翌日からは、よく眠っておられます。


日中の様子も、落ち着いておられます。


食事も、排泄も、ご自分でできていますよ。」


という、スタッフの説明に、ほっとした。


母は、なんだか、別人のように、穏やかだ。


私を見て、微笑んでいる。


思わず、涙が込み上げてきた。


「お母さん・・・大丈夫?」


「お母さん・・・ここは、居心地いいの?」


「お母さん、辛いことはない?」


母は、満足そうな笑みを浮かべて、うなづいている。


ああ・・・・・お母さん・・・・・よかった・・・・・


・・・・・


うるうる;;;


「お母さん、よかったなあ~~」


「今まで、苦労ばっかりしてきたんじゃから、


これからは、元気で、長生きして、


ゆっくりしてぇな~~」


「そうじゃなぁ~」


「いつも、仕事ばっかりしてきたんじゃから・・・


もう・・・なんもせんで、ええんじゃから・・・


ここで、らく~にして、たのしゅうに過ごしてな・・・」


「そうじゃなぁ~」


「お母さん・・・」


母の冷えた手を、握り締め、


穏やかなその笑顔を、見つめていた。


未だかつて、見たこともない母がいた。


重苦しい過去の諸々のすべてを捨て去った、


明るい可愛い優しい母が、そこにいた。


目には、涙が、溢れそうになっている。


お母さん・・・


わかるんじゃなぁ~~~


私の言うこと、わかっとるんじゃなぁ~~~


うんうん・・・


胸いっぱいに、熱いものが、充満している。




生まれて、初めて、味わう感覚だった。


爽やかということは、こういう気持ちなんだな。


急に春めいてきた風に吹かれながら、


私は、病院を後にした。




さて、不機嫌な夫のために、


なにか、ご馳走でも、買って帰ろう。


缶チューハイも、お菓子も買おう。


そして、今日という日を、祝おう。




一組の母子が、今やっと、


本当の親子の姿になれた記念日なのだから・・・





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。





テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

母の入院


ついに、この日がきた。


あーーーー


午後2時から、4時頃まで、かかっちゃった。


入院手続き・・・ (T_T)


外来の医師の診察。


看護師さんの説明。


病棟の医師の診察。


病棟の中の案内。


医療費、洗濯代、などの説明。


その後、各種書類へ署名捺印。 (°Д°;≡°Д°;)




しかも、まだ、用事がいっぱい・・・ (-。-;)


私が、母の保護者になる、ってぇことを、


家庭裁判所に認めてもらわないといけない。


本人に判断力がないので、


保護者の承諾がなければ、


4週間以上の入院はできないらしい。


今は、保護入院という状態らしい。


本籍地の総社市へ行って、


母と私の戸籍謄本をもらい、


市役所で住民票をもらい、


切手と印紙・・・


あとは、保健センターで、


高額医療費の窓口精算手続き・・・


あーーーー


昨日だけで、もう、へろへろだす~~~ 。(´д`lll)


しかし、2~3日中に手続きをしてくれということなので、


今日、済ませてしまわないと、動けなくなりそうだ。


旦那ちゃん、よろしく~~~ m(_ _ )m


ああ・・・しんど・・・ (-_☆)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

不安定な心


暇さえあれば、


PCの無料ゲームにのめり込み、


へとへとになるまで、やっている。


何も考えなくて済むように、


頭がマヒしてしまうまで、


やり続け、そして、眠る。


倒れ込むように、眠る。


ここ・・・2週間程、そんな調子だ。


明日、いよいよ、母の入院だ。


入院させてしまえば、


私は、もう、会いに行くことさえ、できないだろう。


とても、会えない。


見納めかもしれない。


いやぁ・・・そうでもない・・・かな?


何か、一杯、飲んで、寝るしかないなあ・・・



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




罪悪感


母の入院が決まったというのに、


気分は最悪だ。


隔週、帰宅されるのも限界にきているのに、


いざ、精神病院へ入れるとなると、


如何ともしがたい罪悪感にさいなまれる。


私のせいじゃない・・・って、


何度も言い聞かせている。


50年・・・尽くし続けてきた。


自分のしたいこともしないで、


母の為、夫の為・・・いや、家の為、


過労死してもおかしくないほど、


働いてきたじゃないの。


もう、これ以上、何ができるって言うの???




昨夜から、寒気におそわれ、


熟睡できなかった。


昼、頓服を飲んで、やっと眠れた。




今・・・ボジョレーをコーラで割って、飲んでいる。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。







テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

続・母の行く末 


電話が鳴った。


精神病院からだった。


ベッドが空いたという知らせだ。


おおっ!!! キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!




朝から痛みを感じていた胃が、


キュッと収縮した。


ああぁ~~~~~~~~~~ ( ̄▽ ̄)=3


長かった・・・


なんと長い道のり・・・


これで、もう、母は家に帰ることはない。


重い重い荷物・・・


今、それが、降ろせたというのに、


なんだか、すぐには、信じられないでいる。


安堵と共に、押し寄せて来るものは、


罪悪感・・・ (・_・;)


母に会わないでいられることを、


喜んでいる自分・・・


この矛盾した感情を、


どうしたらいいのか、わからない。 (*´Д`)=з




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。







テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

過去の亡霊



離脱症状かもしれない。


薬で抑え込んでたモノが、浮きあがって来る。


今更、母には、恨みも憎しみも感じないのに、


体が、神経が、異常に反応してしまう。


PTSDというのかな・・・これって?


ああ・・・懐かしい痛みだわ・・・


いつも、こんな気分だった。


50年間、一日も、解放されたことはなかった。


足が地に付いていないような・・・


頭の中が、ランダムに点滅するような・・・


神経がピリピリ痙攣するような・・・


何かに、威圧されて、身動きできない・・・


そんな、不安定な・・・自分・・・


戻って来た。


このイヤな感覚・・・


でも、もう負けたくない。


今度こそ、私は・・・


自分を護る。


過去の亡霊なんかに、


負けてたまるか。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

悪夢攻撃


ぐ・・・ぐるぢい・・・;;; (。>0<。)


寝逃げしたら・・・悪夢三昧・・・;;; (°Д°;≡°Д°;)


ううう・・・夢でよかった・・・ (*´Д`)=з



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

撃沈


撃沈されたーーー o(_ _*)o


昨日は、水底にへばりついてた。


もやもやを吹き飛ばしたく、


ビールを飲み、


スーパーで、思いっきりのご馳走を買って来て、


完食!!! ( ̄▽ ̄)=3


今日は、浮上できるかな??? (・_・;)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

母帰る;;;


母が帰って来た。


夫が迎えに行ってくれた・・・ありがとね~~~ m(_ _ )m


隔週土曜の夜だけ、帰宅する。


それも、もう、いやだーーーーーーーーーーっ!!! ヽ(`Д´)ノ


本音言うと、母の顔、見たくない。


今、目の前にいる・・・ | 壁 |д・)


あーーー、どっかに消えてくれっ!!!ヽ(;´Д`)ノ


うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー・°・(ノД`)・°・


なんていう、親不孝もんだ、あたしゃあ、ばかばかっばか!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

病院、行って来た・・・


あーーー うーーー


病院ってとこは、いつ行っても、


あんま楽しくないよね;;; (-。-;)


行きはよいよい、帰りはこわい・・・


カウンセリング、診察、計算、支払い、薬待ち・・・と、


ここまで済ませると、ぐったりだぁ~~~


へろへろ~~~


家に辿り着くと、爆睡 Zzz…(*´?`*)。o○




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

病院、行く日


今日は、病院、行かなきゃ・・・


バス→電車で行くの、めんどいなあ;;;


お風呂、入って行かなきゃいけないしぃ~


(何日、入ってないんだか???)


汚ひぞ;;; (;´▽`A``





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

目疲れ;;;



あ~~~~~


目が疲れただよ;;;


ゲーム、やり過ぎ;;;


誰か、止めてくれーーーーー!!!!!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

自堕落な日々


毎日、こんなことをしていて、いいのだろうか?


などと、思うこと自体が、強迫観念というものだろうか?


毎朝、7時~8時頃には、目覚める。


真っ先に、パソコンの電源を入れる。


そこから、日長一日、画面と向き合っている。


最近、無料ゲームにハマってしまった。


無料体験とかいうものを、次々とやってみる。


あれ程、熱中していたPC画さえ、全く、描かなくなった。


何もしない日々。


無為な日々。


私は、何かから、逃れるために、やっているのかもしれない。


我を忘れるために。


気が付けば、一日は終わろうといている。


なんという怠惰な日々。


ここまで、怠けものになってしまったのか・・・と、


嘆きながら、どうにもできないでいる。


今まで、頑張り過ぎたから・・・仕方ないと、言い聞かせる。


こんな暮らしを続けていていいのだろうか?


自問自答の日々。


まあ、いいか。


その内、何かやりたくなるだろう。


料理と洗濯は、時々できるようになったし、


夫は、そんな私に、何も期待などしていない。


まるで、幼子を見守る父親のように、


「歯を磨けよ」


「ちゃんと、ご飯、食べたか?」


などと、言う。


私は、両親から、得られなかった無償の、無条件の愛を、


むさぼり、かみしめ、味わっている。


夫が、いいと言うのだから、いいのだろう。


このままで・・・


今日も、こうして、暮れてしまった。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

母の行く末 2


今回、精神病院で診察してもらった事は、結果的にはよかったと思う。


その先生は、もうご自身も、高齢と見受けられる方で、


もしや院長ではと、思える風格であった。


「何かしようとしているのを制止すると逆上するんです。」


施設の職員の説明を聞いて、


「そりゃあ、禁止されりゃあ、怒るわな、誰でも・・・


 そこは、介護しとるあんたらぁの、接し方次第じゃな・・・


 きつう言われりゃ、反抗するじゃろう。」


と、ピシャリと、言ってくれたのだ。


「いずれ、別の施設に移るんなら、それまで、


 おたくで、面倒みたらええんじゃないんかな?」


溜飲が下がるとは、まさにこういう事を指すのであろう。


心の中で、拍手喝采したのは、言うまでもない。


しかし、施設の方は、何としても、母を入院させたいらしく、


次々と、問題行動を、挙げていった。


「まあなあ、認知症の程度がこのくらいになりゃあ、仕方ないわな~


 それと、今、処方されとる薬の内、これは止めたほうがええなあ


 興奮させる作用があるからな・・・」


そうかあ~、薬のせいかもしないんだ。


今は、施設の顧問のような立場にある内科医に診てっもらっている。


やはり、精神科の専門家だけあって、頼りになる。


ひるがえって、母に対しては、本当に優しく接してくれた。


ああ、この先生は、名医だ。


私は、なんだか、とても、救われたような気になった。


精神科医というのは、全く、ピンキリだなあ・・・


できるなら、この病院に、ずっと置いてもらいたいくらいだ。


それも無理な事は、わかっているが、


短期間でも、こんな先生に診てもらえるなら、母も幸せだ。


しかし、この日は、ひどく疲労困憊してしまった。


最近、近所にできた、岡山では有名なスィーツのチェーン店


「白十字」で、思いっきり甘そうなケーキを買って帰った。


そして、深いため息と共に、ほお張ったのだった。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

母の行く末


母の認知症は、いよいよ、深刻になってきた。


今、お世話になっている施設は、


小規模多機能型居住介護施設と呼ばれる物であるらしい。


本来、デイケアとショートステイのためのものである。


その規則の上限いっぱいまで、宿泊させてもらっているが、


どうやら、それも限界がきてしまったようだ。


施設の利用者が、増えているらしく、介護士さんの手が足りなくなっている。


母のように、体は至って元気そのもので、動き回る者はことに手がかかる。


その上、排泄の場所を間違えたり、外に出ようとして暴れたり、


トイレットペーパーやペーパータオルをポケットに溜め込み、


挙句に食べてしまったり・・・という奇行さえやらかすようになり、


介護の現場で、厄介者になってしまった。


先だって、担当の介護士さんと共に、2人の職員の方が来て、


今のままでは、もうこちらでお預かりするのは無理です、と告げた。


元々、特養かグループホームへ入居するまでということで、


置いてもらっているのだが、どこも満杯で、空きが回って来ない。


この際、一度、精神病院で診察を受け、投薬治療を受け、


症状が落ち着いてから、それなりの施設へ移って欲しい、と言う。


つまり、精神病院へ入院してくれ、と言うのだ。


近くに、古くからの精神病院がある。


昔は、まるで牢獄のようだと、遠目に見ていた建物も、


今は、改築、増築され、印象はかなり良くはなっているが、


精神病院という場所へ、母を連れて行くのには、抵抗があった。


とは言うものの、他に手立てはなく、あちらの言う通りにする他はない。


当日、夫と私とで、先に病院へ行き、これまでの経緯などを話した後、


追って、施設から母を連れて来てもらい、診察を受けた。


そこの医師は、環境を変えると、病状は悪くなりますよと、


念を押した上で、入院の予約を入れてくれた。


その後、夫と私は、認知症患者の病棟を見学したのだが、


思ったより、明るい雰囲気で、介護施設とさほど違わないのが救いだった。


まあ、仕方あるまい。


隔週土曜日の夜だけ、母が帰宅することさえ、私にはひどく重荷である。


私がこんな病気でなければ、


もう少し長く、家に居させてあげられたかもしれない。


まあ、母も、ある意味、因果応報ではあるのだ。


私は、もう、考える事さえ、おっくうになってしまった。


だんだんと、怠惰になっていく一方である。


この脳味噌は、かなり疲弊しているようだ。


50年の長きに渡り、一瞬たりとも、緩めることのできなかった神経は、


一切の刺激を拒否し続けている。


母のことを考えただけで、頭がヒクヒクとけいれんしてしまう。


精神病院でも、どこでもいい。


母を受け入れてくれる所なら、文句はない。


妹にも、その旨、報告しておいた。


母を哀れに思う気持ちはあるが、それ以上に、


私は自分の健康を取り戻したいという思いのほうが強い。


母の顔を、もう見たくない・・・それが、本音だ。


どんなに笑顔の母を見ても、それは仮面のようにしか思えないのだ。


私を叱り、なじり、責め、あざけり、追い詰めた鬼のような母の顔が、


脳裏に張り付いて消えることはない。


いつ、あの顔に豹変するかという恐れが、いまだに私を脅かす。


お母さん、私、もうこれ以上、いい子にはなれない。


許してね。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。