夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2009-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!!! お持ち帰り~~~~

アメーバピグ スナップショット


御正室のお美しいこと!

おばさんたちは、いらないんだけど、

付いて来ちゃうんだな~~((o(-゛-;)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。



スポンサーサイト

浴衣で記念撮影

アメーバピグ スナップショット


お揃いの浴衣を着た人が、

並んで写真撮ろうって、声かけてくれた。

名前、覚えてないけど、ありがとう~~(*^▽^*)

なんか、うれしかったなぁ~



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。



盆のつれづれ



毎年、8月12日には、お寺さんが来られることになっている。


夫が寝ている和室に、仏壇が置いてある為、


彼の夜具の周囲に、散乱している物を片付けてもらう。


溜まりに溜まった埃を払い、掃除機を掛け、拭き掃除をし、


仏壇には、お供え物、花、線香、ろうそくなど用意した。


廊下、玄関を掃き清め、スリッパ、座布団・・・など整え、


お布施を用意し・・・はぁ~~~~、ぐったり~である。


息子は、「片付け?」と、様子を察し、自ら手伝ってくれる。


夫は、片付けが苦手なようで、なかなか、整理できないと、


だんだんと不機嫌になっていくのが、手に取るように解る。


その不手際も、息子が、気を付けて、きれいにしてくれた。


トイレの掃除まで、してくれるのだ。


実に、よくできた息子である。


その上、イケメンだ。о(ж>▽<)y ☆


これ以上の息子は、世界中を探しても、見つかりはしないだろう。


いやはや・・・私のこの親バカぶりは、ご容赦願いたい。


書くまいと思えど、指が勝手に動いてしまうのだから・・・(●´ω`●)ゞ


無事、お寺さんを、見送って、一つ用が済んだ。




14日は、病院を予約していたので、猛暑の中、車で出かけた。


さすがに、待合いで、くら~~~ときたが、なんとかやり過ごす。


カウンセリングも、診察も、取り立てて事もなし。


薬をもらい、少々、お腹へ物を入れ、ゆるゆると帰宅。




15、16日は、母の帰宅日であった。


初日は、機嫌良く、家に入ってくれたものの、


次の日には、すでに、車の中から、不機嫌になっていた。


帰り着いても、何やら怒っている。


抱き締めようとしたところ、振りほどかれてしまった。


兎にも角にも、この1晩を、無事に過ごしてくれ、ほっとした。


迎えの車に、いそいそと、乗り込む姿を見送り、


一連の行事を終えた私は、即座に、ベッドへと潜り込んだのだった。




あぁ~~~~、やれやれ・・・


すっかり疲れ果てた私は、今日になるまで、


一文さえ書けぬ有様であった。


後は、娘の帰省を待つだけという、心弾む日々となった。


夫も、その嬉しさを隠そうともしない。


何日居てくれるのか・・・


そればかりを考えている老夫婦一組。


なべてこの世は事も無し・・・( ̄▽+ ̄*)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

エレカシ部 記念撮影

アメーバピグ スナップショット



念願のエレカシ部に入部し、

かりそめさんと、きりたさんと、3人で、記念撮影、

させていただきましたぁ~~~

感激っ!!!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へモバ☆ブロ ←ポチッと、応援、お願いします。




沖縄気分!!!

アメーバピグ スナップショット




アメーバピグ スナップショット





我が子への思い 3



そうやって、毎日娘の登校に付き合っている内に、肝が据わってきた。


娘に関わっている日々が、とても大切なもののように思えてきた。


このまま、卒業式まで、いっしょに通って行けばいいじゃないか。


そう思えた時、ふっと、心が軽くなった。


歌を歌ったり、道端の花を見たりしながら、


娘に対する愛おしさに、胸がいっぱいになっていくのを感じていた。




そして、5年生になった。


その始業式の日の朝のこと、


「みんなといっしょに、学校へ行く。」 と、言い出した。


えっ・・・!?


驚き、佇む私を横目に、


自ら、さっさと支度をして、登校班の集合場所へと向かったのだ。


その出来事は、今でも昨日の事のように、鮮やかに甦ってくる。





この手の中から、すり抜けて行った娘の後姿を、目で追いながら、


その残像を、いつまでも、茫然と見つめていた。


なんということだろう!


奇跡が起きたのか?


うれしいというより、ただただ、驚くばかり・・・


その日から、今までの事が嘘のように、娘は普通に登校するようになった。


私は、深い溜息を禁じ得なかった。


親は、無力だ。


だが、どんなに無駄に思えても、どんな努力でも、しなければならない。


愛情だけは、溢れる程、持っていた。


湧き上がる泉の如く、枯れることなどない。


ただただ、その愛情だけで、育ててきたのだ。


涙が流れ出てきたのは、ずいぶんと経ってからのことだった。




しかし、私の試練は、これで終わる訳ではなかったのだ。




< to be continued >




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ モバ☆ブロ  ←ポチッと、応援、お願いします。

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。