夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2008-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC依存

一日のほとんどを、PCを相手に過ごしている。

電源を切るのは、寝る時だけ。

「なんか、いつも疲れているんです。」

「それは、疲れて当たり前ですよ。

PCは、目が疲れますしね。

時間制限をしましょう。

午前と午後に、2時間ずつということで・・・」

主治医に、そう言われた。

確かに、PCに依存している。

PCの中で、生活していると、言える。

ネットの中には、何の(しがらみ)もない。

本音で話せる。

たくさんの友人を、この中から得た。

私は、孤独じゃないと、気付かせてくれた。

PCに救われたと思う。

でも、目が疲れるのは、確かだ。

少し、自重すべきなのだろう。




ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

自責

私を急かせるものは、もう何もない。

何もなくなった筈なのに、

どこからともなく、聞こえてくる。

早く!

綺麗に!

完璧に!

洗濯も、掃除も、料理も、

早く、済ませてしまいなさい。

できて、当たり前でしょう。

早く、もっと早く!

誰も、何も、

私に、求めてなどいない筈なのに、

急き立てられる。

追い詰められる。

責め込まれる。

どこから、聞こえてくるのか。

幾重もの、衣を脱ぎ捨て、

幾つもの、扉から逃げ出して、

それでも、まだ重い。

歩き出せない。

真の自由を、取り戻すには、

まだ、時間が、必要なのだろう。




ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

帰郷

「さだまさし」を、買い込んだ。

新品のCD、6枚。

届くや否や、聴いてみた。

まずは、「帰郷」

あぁ~~~

沁みる~~~~~

筆舌には尽くし難い、この感情・・・

心が、体が、敏感に反応する。

一瞬にして、あの頃へと、引き戻される。

無数のシャボン玉が、弾けるように、

笑いさざめいていた、あの頃。

通り雨に打ちのめされたように、

泣き崩れたあの時。

膨らんだり、萎んだり、

浮かんだり、沈んだり、

頼りない風船みたいな存在だった、

あの頃。

ああ、私の故里。

心の帰り着く場所。

私は、もう、この現実を離れ、

感受性だけの存在になっていく。

欠けていたものは、これだよと、

彼は、歌いかける。

そう、(まさ)しく・・・

これこそ、私にとっての、

帰郷・・・






ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

求む! お仕事~~~




イラストレーター、歌人などと、


勝手に、名乗ってはいるものの、


じつは、私は、無収入なのだ。


「私史心象」という本を出しているが、


全く、売れない。


さもありなん、値段が高すぎる。


(株)データクロスという会社の主催する、


「本にして残したいブログコンテスト」で、


最優秀賞をいただき、刊行してくださった本。


なんと、14,000円也・・・これは、推定の値段。


詳細は、下記へお問い合わせを・・・





ブログ本販売処





ちょっと、手が出ない価格である。


著者の私でさえ、なかなか、買えない。


なんとか、在宅で、イラストの仕事はないものかと、


いろいろ、探してはいるのだが、


なにせ、スキルが足りない。


Flash とか DTP とか、


この歳で、こんな病気で、


今、習得するなど、無理というもの。


私の絵は、全部、Paint で描いている。


一番、原始的なソフトである。


これしか、使えんのよ~~~


うるうる;;;


このままでは、


夫に、仕事も家事も、やってもらう事になる。


私に、収入の道があれば、


そんな苦労をかけないで済むのだが・・・


SOHOにも、登録し、


いろいろと、探索もしてみる毎日である。


はぁ~~~~~





ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>





テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

ダイアナ

発病以来、偏食、過食、拒食・・・などを、


繰り返し、かなり、栄養状態が、


悪化していたようだ。


52~3キロだった体重が、


あわや、70キロに届こうかという有様で、


もはや、自分の体を、


動かす体力さえ、なくなっていた。


このままでは、精神疾患が治る前に、


成人病になってしまいそうな、


危惧を抱いていた。


とにかく、きちんとした食事を摂ろうという、


意欲が湧かないのだから、仕方がない。


そんな折、妹から勧められたのが、


ダイアナだった。


私の体は、下着はもとより、それ以上に、


ボディデザイニングフード


&栄養補助食品のほうを、欲していたようだ。


これによって、徐々に、脂肪が減少していき、


栄養バランスも、改善されてきた。


1ヶ月、続けた後の血液検査は、


すべての項目が、全くの正常値に戻っていた。


以前より、動きも軽くなった。


もう少し、この食事を続けてみようと思う。


ダイアナ・ホームページ


ダイアナ動画CM





ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

家事ができない


「そろそろ、仕事、探そうかな。」


と、夫が言うので、


私も、ご飯くらい、


作れなきゃいけないなぁと、思う。


夕方、夫が、買い物から帰って来た。


「何か、手伝おうか?」


「じゃあ、テーブルの上、片付けて」


片付けている内に、


すでに、動悸が打ち始めた。


家事をするのが、辛い・・・


というか、怖い。


かつては、7人分の家事をやっていた。


毎日、洗濯機を、2回まわし、


掃除も、できるだけ毎日して、


おかずも、3品は作るように心がけていた。


山のような、洗濯物をたたみ、


食器を洗い、お風呂を掃除し・・・


あんなにも、働いていたのに、


今、なぜ、それができないのか?


不思議で、仕方ない。


病気だと、頭では、わかっていても、


やはり・・・なんでだろう・・・と、自問する。


できない自分が、辛い。


夫に、申し訳ない。


心の中に、いつも、ある。


この思い・・・


いつになったら、主婦に戻れるのか?


見当もつかないまま、


日々、罪悪感を引きずってしまう。


悪循環かもしれないなぁ~






ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

値切る旦那ちゃん


なぁ~~~~~んにも、書く事がない。


あっ・・・そうだ!


冷蔵庫、買い替えた。


旦那ちゃんは、必ず、値切る。


もう、すでに、79,000円→57,000円・・・

         ↑

でも・・・  この価格すら、

       納得してないのかも?


取り合えず、一度は、値切る。


最初のうちは、へぇ~~~と、


感心して見ていた私だが、


ある日、エアコンを、2台、買う時、


例によって、旦那ちゃんが、


「2個も、買うんだから、勉強してよ。」


「いやぁ~(汗;)もう、


赤字覚悟のお値段ですし・・・


これ以上は・・・(汗;)」


そこで、すかさず、


「2台買うってことは、


別々の人が買うより、


取り付けの出張費用、


安くつくよね!!!」


と、食いついてしまった私。


なんか、絶妙のコンビネーションだわん^^


そして、見事、値切り成功!!!


そうよね、言うのは、タダなんだから、


やっぱし、一度は、値切ってみよう。


うんうん^^







ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

バトン、来ましたよ~~~

「みんなで歩こう」のRikaさんから、


バトンが、来ました。



1、必ず、バトンを渡す方の、ブログタイトルに、書いてね


2、回ってきた質問には、素直に素の自分で答えてね


3、やらない方は、loveプチメを(爆)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Q1 今、悩みはありますか?


 ん~~~~~と・・・

 築30ん年の家の修理費かな~~


Q2 あなたの性格は?


 普段は、穏やかですが、

 一度キレちゃうと、大の男もビビります


Q3 恋人はいる?


 大事な旦那ちゃん






Q4 メールで喧嘩したことはある?


 あります!

 その時も、キレておりました


Q5 彼氏・彼女にするなら、どんな人が理想?


 魂の見える人



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


次のバトンは、この方々に、お願いします


 

 「ひとこと多い」 スイスイさん


 「ギャグで笑いの日々」 たの吉さん


 「シルルの写真帳」 シルルさん


 「くまたろう」 くまたろうさん


 「むむとむにとぱにとジャン」 むむさん



よろしく~~~~~です^^

    




震える指先

以前から、あった事ではある。

一時、その症状は、

かなり軽減されてきていた。

が、このところ、日を追って、

顕著になっている。

手が震える。

指先の動きが、制御できない。

絵を描く者としては、

致命的な障害である。

細かい描写ができない。

思うように、線が描けない。

両手を、力一杯、握り締めてみる。

歯痒い・・・

それでも、描くしかない。

震える手で、描ける範囲の絵を・・・

イメージは、待ってくれない。

浮かんでは、消え、

また、次の何かが、来る。

その瞬間を、逃せば、

もう、そのイメージは、

私から、離れてしまう。

震えながら、

やはり、今日も、

私は絵を描いている。





ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

神戸

今は昔・・・

まだ若かりし乙女の頃、

神戸に旅したことがある。

初めてこの街に降り立って、

一瞬にして、魅了されてしまった。

そして、その後、

何度も、訪れることになった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「ファーストインプレッション・イン・神戸」


 高速は 光の海を 超えて行く 

天空に立つ タワー目指して


 北は上 下は南と 道問えば 

教えてくれる 人の親しさ


 高架下 ひしめく店の 売り声の 

後に赤い チャイナ服キラリ


 風見鶏 空に向かって 胸張って 

異人館の プライド 担う


 人知れず 港夜景に 酔うならば 

北野クラブの カウンターへ


         (拙書「私史心象」より)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここに、出てくる北野クラブ・・・

タクシーの運転手さんが、案内してくれた。

当時は、

お洒落なバーというかクラブというか・・・

ピアノの生演奏が、静かにながれる、

大人の雰囲気のお店でした。

カウンターに座ると、

向かいの壁には、酒瓶は並んでいない。

一面のガラス窓に、

神戸の夜景が、見下ろせる。

それは、そのまま、

一幅の絵と言えるほどの美しさ。

あれから、神戸は、どうなっているのか?

震災後、訪れる機会もない。

ネットで探索してみると、出てきた。

今は、フレンチ・レストランになっている。

    ↓


 KITANO CLUB











冬の眠り


過去を悔やむこともなく


今日を悩むこともなく


明日を恐れることもなく




溢れるほどの愛情に


包まれしこの空間に


放たれ安らぎ横たわる




復活するを阻むもの


この身を重くせしものは


積もり積もった疲労感




滴る雨の地に沁みて


濾されし長き旅終えて


清き水とて蘇る




いつとは言えぬその時を


ただ待つ他に術もなく


冬の眠りを貪ろう




ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

疲労感

疲れている。

という感覚が、戻ってきた。

パニック障害と、診断されたのは、7年前。

発病は、たぶん、もっと前だったろう。

つらつら、思い起こしてみるに、

初めて、発作を起こしたのは、小6の時。

高校入試直前に、激しい胃痛に襲われた。

神経性の胃炎だと、思われる。

その後、高校時代にも、発作を起こし、

神経性胃炎は、慢性化していった。

就職後、一時、症状は治まっていたが、

配置転換により、胃炎が、再発、悪化した。

結婚、主産後、夜中に発作を起こし、

救急外来へ・・・

しかし、当時は、まだ、

パニック障害などという、病名さえなかった。

「どこも、悪くないですよ、。

精神的なものでしょう。」

と、言われ、帰された。

胃炎は、腸炎へと、推移し、

下痢と便秘を、繰り返す日々が続いた。

時折、人ごみなどで、発作が起きた。

夫と二人で、亡父の鉄工所を継ぎ、

年々、私への、加重が増していった。

反比例するかのように、

私は、疲労感を失っていく。

普通に考えてみれば、

ひどく疲れているはずなのに、

まったく、自覚が、ない。

一日中、現場の仕事をし、買い物、料理、

お風呂掃除、洗濯物をたたみ、洗い物をし、

アイロンをかけ・・・

その合間に、複式帳簿をつける。

仕舞い湯に入って、2時頃、寝ていた。

それも、徐々に、寝付けなくなっていく。

限界は、8年目に来た。

以後、自宅療養の傍ら、経理はやっていた。

夫が、会社をたたんで、

やっと、すべての義務から、解放されたのだ。

ただ、母の世話だけは、残っているが・・・

そして、疲れているという感覚が、戻ってきた。

それは、途方もなく重く、

いつ癒えるのか、果てのないもののように、

私の中に、居座っている。

今は、ただ、私を労わってくれる、

夫と息子に、もたれかかって、

時を待つしかないのだろう。





ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

娘の入院

今日、娘が入院する。

斜視の手術をうけるのだ。

生まれつき、斜視+弱視だった。

小学校入学前の身体検査で、発覚した。

それまで、全く、気付いてやれなかった。

長子であるが故、

子供とは、こんなものだろうという、

呑気な気持ちでいた。

思い返せば、歩くようになってからも、

ちょっとした段差で、よく転んだ。

あまりテレビに興味を示さない。

階段の上り下りも、ゆっくりしかできない。

物が二重に見えたり、ぼやけて見えたり、

していたらしい。

焦点を合わせようとすると、

右の黒目が、顔の中心へ寄ってしまう。

総合病院の斜視+弱視の専門外来に、

何年も通った。

治療法としては、分厚いレンズの中に、

プリズムを入れた眼鏡を作り、

成長と共に、買い替えていく。

アイパッチというシールを、

毎日、1時間位だったか、

左目に貼ったまま、生活する。

私は、そのまま外に行かせるのは、怖かった。

ただでさえ、見えにくいものを、

悪い方の目だけでしか、

見えない状態にするなど、

危険極まりない事のように、思えた。

それをサボると、次の診察の際、

厳しい女医さんに、私が叱られる。

毎回、怯えるようにして、病院へ通った。

診察が終わっても、その日には、

次の予約が取れない。

予約を取るためには、そのためだけに、

また、病院へ行き、

予約手続きをしなければならない。

ある日、予約していた日に、

行かれなかったので、病院へ問い合わせた。

「今日の予約でしたが、都合が悪く、

行かれませんでしたが、次の予約は、

どのようにすれば、よろしいのでしょうか?」

すると、眼科の受付事務の女性から、

信じられない言葉が、返ってきた。

「わかりません。」

取り付く島も無い、冷やかな態度である。

私には、それ以上、何も聞き返すことが、

できなかった。

公の病院とは、こういうものか・・・

それを機に、転院した。

「まあ、アイパッチも、どれほどの効果があるか、

わかりませんしねぇ・・・」

と、そこの医師は言った。

そんなもんだったのか・・・

眼鏡だけは、かけていたが、

ある日、娘が、

「これ、外しても、そんなに、困らないよ。」

と、言うので、眼鏡も止めた。

成長と共に、視力はよくなってきていた。

成人した今、SEの仕事をしているが、

支障はないらしい。

しかし、斜視は、治らない。

あきらかに、寄り目になるのが、わかる。

今は、医療技術も進歩し、

手術も、簡単にできるらしい。

今まで、不憫に思っていたが、

これで、治ってくれれば、喜ばしい限りだ。

次の帰省が、待ち遠しい。




ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

発作



昨日起こった発作を、まだ引きずっている。

私の病状は、単に、

パニック障害だけでは、 ないらしい。

普通なら、20分以内に、治まるはずのものが、

何時間も続く。

何らかの不安症ではないかと、医師は言う。

苦しい・・・




ポチッとお願いします。 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ



こんなブログもやっております。
短歌とCGイラストのコラボです。
お暇な時にでも、おいでいただければ、
うれしいです。
   ↓

<私史心象>




テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。