夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2006-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親友



鬱から浮上。

友人とは、かくも、有難き存在なるか。

私には、最近、急速に親しくなった友人があり、

しかも、彼女は、向かいの家に住んでいるのである。

長年、近くに住みながら、

彼女は、キャリアウーマン、私は、主婦+家業と忙しく、

この歳になるまで、

挨拶以外の言葉を交わしたこともなかった。

4~5年前、彼女は、仕事を辞め、

お母上の代わりに主婦業をすることになり、

私は、この病にて、自宅療養となった。

お互い、ガーデニングが趣味とあって、

意気投合し、親友と呼べるようになるまで、

時間はかからなかった。

鬱にハマった私は、彼女にSOSを送る。

お定まりのコースは、ランチ+おしゃべり+買い物。

これで、私の精神状態は、

あっさりと、持ち直してしまうのだ。

ああ、世に友人とは、かくも、有難きものか。

しみじみと、胸に染み入る思いである。


ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>





スポンサーサイト

テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

凹み



14日、娘は、大学へと戻って行った。

「もう、行っちゃうの~」

と、またしても、娘に抱きつき、

ヨシヨシとかナデナデとかしてもらい、

玄関先で、

後姿が見えなくなるまで、見送った。

その後、激鬱に落ち込むのも、

いつものパターン。

スーパーの中で、ふと、

頭の中の買い物メモが消去され、

脳みそが、海月みたいに、

ふわふわ宙に浮いている。

その途端、涙腺が一気に全開状態。

しばし、呆然・・・

あ、こりゃ、いかん!

急いで、レジを済ませ、車に乗り込む。

ああ、泣きたい。

思いっきり、泣きたい。

・・・のを、押し留め、帰路に着く。

これは、もう、寝るしかない。

夕食を済ますや否や、薬を飲み、ベッドへ。

喜多朗のCDをかけ、

脳みそがグルグル回り出すのを、

押さえ付け、

ひたすら、目を固く閉じる。

最近、寝付きだけは、よくなってきた。

それが、唯一の救いである。


ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>



テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

カラオケ



娘は、修士論文も終え、就職も決まり、

後は卒業式を待つばかり、といういい身分である。

翌日、子供たちを連れて、カラオケに行った。

昼食も、そこで済ませつつ、4時間。

ああ、なんという至福の時・・・

私にとって、

子供たちといっしょに過ごす時間は、

何にも勝る安らぎなのだ。

素晴らしく気立ての良い娘と息子。

(超親バカな私、自覚はしてる)

私は、何が自慢といって、

この子たちの母親であるということ。

ここまで育てたということ。

そのこと以上に、自身の存在価値を、

実感させてくれるものはない。

とはいうものの、カラオケ4時間は、

さすがに、こたえる。

これまた、セーターを丸めて枕がわりに、

ソファに横たわる。

夫がいたなら、

お叱りを受けること必定のだらしなさ。

起きては歌い、歌っては寝る。

カラオケ4時間は、今の私の限界を超えている。

しかし、この柔らかに私を包む空気の、

居心地の良さに、誰が抗えるというのだろう。

最後に、息子が,

「ロンリー・チャップリン」を選曲してくれた。

息子とデュエットできるこの曲を、

いつもシメと決めている。

もう、私には、何をする余力も、残ってはいない。

帰りに、スーパーで、出来合いの夕食を買い、

ヨロヨロしながら、帰宅。

後の事は、娘に頼んで、またもや、ベッドに直行、

夢の世界へ沈み込んでいくのだった。



ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>



テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

覚醒



それにしても、

この寝覚めの気分の悪いことと言ったら・・・

どうにかならないものだろうか。

胸はバクバク、喉はカラカラ、

頭はフワフワ、膀胱は危険水位ギリギリ、

平衡感覚はどっかに飛んで行っちゃってるし、

異常な空腹感が不安を助長する。

そこで、急いでトイレに行こうとすると、

必ずどっかにぶつかる。

とりあえず、パソコさんを開いて、

霞のかかった頭と焦点の定まらない目で、

メールのチェックなど、し始める。

30分~1時間程で、

まあ、正常な状態に戻るのだが、

えもいわれぬ嫌悪感は、

次に眠る時まで、纏わり着いている。



ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>


テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

娘の帰省



11日夜、大学院生の娘が、帰省した。

何もないテーブルの上に、

一輪の花を置いた瞬間、

部屋の空気が、一変してしまう。

傍目にも、隠しようもないほどに、

夫は相好を崩し、母は、ただただ笑顔、

さすがに息子は、顔には出さないが、

私は、と言えば、

今や、親子逆転とも思える体たらく。

娘の優しい笑顔を見るや、

無防備な幼子のように、

娘の体に抱きついている。

12日は、家族揃って、食事に行った。

この「家族揃って」というシロモノが、

よろしくない。

必ず、パニック発作を引き起こす。

夫は、ここぞとばかりに、普段は行かないような、

少々高級なお店に、連れて行ってくれるのだが・・・

道中、すでに、私は予期不安に襲われている。

今回は、中華。

1人2500円のコース。

少しずつ、時間を見計らって、

次々に、料理が運ばれてくる。

その間、和やかに歓談する家族。

どこででも見かけるありふれた風景だが、

食事の合間に、

バッグを枕にソファに横たわっている母親、

という絵は、あまりいただけない。

何とか、ひどくならない内に、食事は、終わった。

家に着くや否や、ベッドへと直行、

頭から布団を被り、安静を保つこと小一時間・・・

呼吸が正常に戻ると同時に眠りに堕ちた。



ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>



テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

来し方



パソコさんを、買ってから、1年が過ぎた。

富士通のXP。

今や、PCなしでは、私の生活は、

成り立たないまでになっている。

始まりは、ブログ。

短歌を載せてみた。

その反応に、私は、驚き、戸惑った。

期せずして、寄せられた、

多くのコメントに、心を動かされ、

打てば響くネットの魅力にハマっていった。

デジカメを買い、短歌に画像を組ませ、

ブログは、充実していった。

そのうち、短歌に合わせて載せる画像にも、

短歌そのものにも、限界を感じ始めた。

PCで、絵が描ける・・・と、

遅ればせながら、知った。

マウスで、悪戦苦闘している私に、

息子が、何気なく差し出してくれたのは、

ペンタブレットだった。

狂喜乱舞。

息子よ、ありがとう。

水を得た魚の如く、描きまくった。

その頃、たまたま入ったSNSに載せてみたところ、

早速、コメントを寄せてくれた人があった。

絵を載せるたび、アドバイスをくれた。

それを受けて、修正し、また載せる。

私の絵は、レベルアップしていき、ブログは、

短歌と絵のコラボという、今の形態に到った。

1月20日、本を出版するという、

念願が叶い、心は熱く、充満している。

パニック障害と鬱状態に、落ち込み、

闇を彷徨う私を、掬い上げてくれたもの、

それは、インターネットという現代の魔法。

今、3つのブログ、3つのネットワーク、

メーリングリストと、忙しい毎日を送っている。

つと、立ち止まり、振り返る時、

ネット上で、繋がり、関わってくださった方々に、

感謝の念を禁じ得ない。


ポチッとお願いします。
 
  ↓

Blog Ranking



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ




こんなブログもやっております。

短歌とCGイラストのコラボです。

お暇な時にでも、おいでいただければ、うれしいです。

   ↓


<私史心象>



テーマ:パニック障害(PD) - ジャンル:心と身体

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。