夢の欠片ーパニック障害な私ー

パニック障害と不安障害を抱え、 なんとか生きている私の日常。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許出願



この病気になって以来、
一日一日がとても大切なものに思えてきました。
発病以前には、
自分の寿命がどのくらいのものなのか、
全く考えることもありませんでした。
発病以来、いろいろな症状に襲われ、
幾度となく、救急外来を受診する有様となり、
また、大きな事故に遭い、仙骨を骨折し、
運ばれた病院で、医師から、
「普通、仙骨を骨折した場合、大出血を起こし、
死亡に至ることが多いのですが、
あなたは、九死に一生を得ましたね。」
と、告げられた経験も経て、
「死」というものを、身近に感じるようになりました。
いつか終わるこの生を悔いなきものにしたい、
そう強く願うようになりました。
そして、死ぬまでに、やっておきたいことを、
ひとつずつ実現していこうという目標ができました。

以前・・・かれこれ10年くらい前になるでしょうか、
本を出版したいという夢が現実になりました。
自費出版ではなく、企業からの企画出版の申し出でした。
大手の企業ではありませんでしたが、
私のブログ「私史心象」を評価していただき、
注文販売という形で、夢が実現しました。
このブログは、私と同じような疾患で苦しんでいる、
多くの方々の生きる励みになればと思い、
日々の心情を、イラストと短歌で表現したもので、
それが書籍という形になり、うれしく思っております。

最近、周りの方々からの要望に応えて、
アクセサリーの修理、製作、販売を始めました。
たくさんのアクセサリーの修理、製作をしていく内に、
従来のネックレスの不便な点に気づき、
いろいろと、私なりに、工夫を重ねてきました。
操作しにくい留め具、長さ調節のできないもどかしさ、
金属アレルギーによる制約・・・
それらを解決するために、考案したものが、
今回、特許出願することになったAiryネックレスです。
この製品は、ゴムテグスとビーズとカシメ玉4個のみで、
構成されております。
試しに、友人、知人に使用してもらった結果、
「すごく便利!特許を取ったら?」
と、勧めてくださったので、やってみることになったのです。

しかし、特許出願の書類を作成するということは、
私にとって、大変な苦難の道のりでした。
開発協会という知的財産の支援をしてくださる公的機関に、
相談に行き、工学博士という肩書の方に、
何度も指導を受け、やっとのことで完成に至りました。
先日、特許庁長官宛に書類を郵送し、出願は達成しました。
まだ、審査請求という過程を経なければ、
認可という形にはなりませんが、
この経験は、私にとって、大変意義のあるものでした。



特許出願中 < Airyネックレス > 使い方

  ネックレスの使い方4

固定された2個のビーズを、
左右に引っ張ると、全長が短くなります。
  
  ネックレスの使い方3

固定された2個のビーズの外側の糸を、
左右に引っ張ると、全長が長くなります。




今後とも、何かしら人の役にたてる事をしていきたいと、
切に願っております。

ちなみに、死ぬまでにやっておきたいことは以下の通りです。
1. イルカと握手する
2. USJのハリーポッターに行く
3. 娘の住む東京へ遊びに行く
4. 家族4人で旅行する
5. 身近にいる精神疾患の方々の一助となるため、
悩みを聞いたり、症状の改善方法の提案をしていく

私のような者でも、お役に立てるなら、
こちらのブログのコメント欄、facebookなどで、
いつでも、相談をお受けしております。





   ポチッとお願いします。 
     ↓

   FC2 Blog Ranking

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
   にほんブログ村



   その他のブログ
     ↓
   私史心象
   言の葉草子

スポンサーサイト

徒然に思うこと


「まだ、完治はしていない」と主治医は言う。
不安障害(パニック含む)に間違いはない。
だが、これが病だとは思いたくない。
いわゆる普通の平均的な人たちとは異なる、
思考回路と感性を持っているだけだ。
親からもらった遺伝子と、生育環境によるものらしい。
生きることが、少しばかり不自由だと思う。
長い療養生活の中で、私は自身の取説を作ることができた。
苦しみばかりだった過去の出来事も、負の感情も、
今の私になる為の負荷であったと昇華させることができた。
不安反応もパニック発作も、
私の性質上の特徴として受け入れることにした。
核となるものは、自身の尊厳である。
私を傷つけるものは、
たとえそれが自分自身の自虐性であっても、
他者からの攻撃であっても、毅然としてはねつける。
報復はしない。
低次元のレベルで、諍うことは避けたほうがよい。
およそこの人生において、
キレる程怒らなければならない事など、
ほんの数回しかありはしないだろう。
誰かが悪意のみしか持ち合わせていないとか、
誰かが100%間違っているとかいう状況など、
まず皆無であろうと思われる。
ゆえに、安易に被害者意識を持たないよう留意すれば、
まずまず心の平安は保たれると思われる。
私だけが苦しい訳ではない。
人は皆、それぞれの性質上の特徴を持っている。
その特徴に起因する困難に遭遇することは、
誰もが経験しているはずである。
性質上の特徴とは、まさしく個性と呼ぶにふさわしい。
個性があるからこそ、
人間関係は、感動、共感、発見、愛情などの、
色とりどりの模様を描き、私たちを魅了してやまないのである。




   ポチッとお願いします。 
     ↓

   FC2 Blog Ranking

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
   にほんブログ村



   その他のブログ
     ↓
   私史心象
   言の葉草子

薬の変更



 前回記載の薬の量が間違っていた。
訂正し、変更になった薬は、以下のとおり。

ジェイゾロフト 12.5mg
半夏厚朴湯  朝夕:各1包
ソラナックス  0.4mg (頓服として)
ロンラックス  0.25mg (特にストレスのかかりそうな時)


   ポチッとお願いします。 
     ↓

   FC2 Blog Ranking

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
   にほんブログ村



   その他のブログ
     ↓
   私史心象
   言の葉草子

減薬成功

     

 断薬には、失敗したものの、減薬には成功したようだ。
現在、飲んでいる薬の量は、以下の通り。

 ジェイゾロフト 夕      6.25mg
 半夏瀉心湯  昼・夕    1包
 正官庄     昼・夕    4分の1錠
 ロンラックス  4日に一度 0.25mg
 ソラナックス  動悸、不眠などの不具合が起きた時のみ



   ポチッとお願いします。 
     ↓

   FC2 Blog Ranking

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
   にほんブログ村



   その他のブログ
     ↓
   私史心象
   言の葉草子

挫折



 断薬したと、大見得を切ったものの、なんと2週間そこらで、私は挫折してしまった。
7月7日~19日まで、抗鬱剤ジェイゾロフトは、全く飲まなかった。
が、離脱症状は、日を追うごとに、加速度的に激しさを増していった。
毎日、食欲はなく、何を食べても、下痢をした。
動悸、息切れ、めまい、頭痛、いわゆるシャンビリとかいう感覚が脳を刺激する。
始終イライラ、ソワソワ・・・焦り、落ち着かず、最後には、全く、トイレに行く以外、何もできず、ただただ、ベッドに横たわり、苦痛と闘うだけという有り様となり、これでは、日常生活さえも、おぼつかない。
あまりの苦しさに耐えかね、ついに、ジェイゾロフト半錠を飲み下した。
ああ、なんという悔しさ。

とりあえず、今後の薬の量をどうするか、考えてみた。
半夏瀉心湯  昼・夕  1包
ソラナックス  昼・夕  0.4mg
ジェイゾロフト   夕  6.25mg
ロンラックス(メイラックス)  4日に一度 0.25mg
以上の処方でいいでしょうかと、主治医に尋ねてみた。
「すばらしいですね。
よくがんばりましたね~」
と、私の努力をねぎらってくれた。
夫も、同じことを言ってくれた。

しかし、まあ、あの苦しさといったら、半端ない。
暑い盛りが過ぎるまで、当分、このままでいこう。
やるだけはやったのだ。
4ヶ月前までは、ジェイゾロフト75mg、ロンラックス1mgを毎日飲んでいたのだ。
大変な進歩であることは、確かであろう。

抗鬱剤に替わるものを、漢方などで、探しまくってみたが、なかなかそれは難しいことだとわかった。
結局は、ドラッグストアで勧められた正官庄という高麗人蔘の錠剤を買って、基礎体力、基礎代謝を上げ、血行を良くし、根本的な体質改善に取り組むことになった。
あとは、歩くために、足の手入れをすることにした。
私の足は、親指の爪が厚く固くなり、靴に圧迫されると痛むのである。
足の形も、一般的な靴では合わず、歩くことそのものが不自由になってきている。
これをなんとか改善して、なるべく快適に歩けるようにしたい。

あれこれと考えながらも、あまりの猛暑に、エアコンの部屋に引きこもっている。
そして、何もできなかった日の夕方には、なんとも言えない自己嫌悪にさいなまれてしまう。
それでも、以前ほどには、自分を責めなくなった。
いつか、いろんな事ができる日が来ると、今は信じている。
      



   ポチッとお願いします。 
     ↓

   FC2 Blog Ranking

   にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
   にほんブログ村



   その他のブログ
     ↓
   私史心象
   言の葉草子


 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

昌子

Author:昌子
パニック障害と不安障害になって、
10年が過ぎました。
大量の薬、副作用、家庭環境、
精神的虐待、自虐的心理状態・・・
などと闘ってきました。


相互リンク
 ↓
TSUKIKO
メンタルヘルス
コミュニティ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
パニック障害な私 (426)
小説 (11)
詩 (7)
人恋ふる歌 (0)
ブログ (12)
お知らせ (1)
音楽 (15)
ブログネタ (13)
ピグ (11)
メンヘラーのための超かんたんレシピ (7)
猫を飼う (13)

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。